2017年4月15日 (土)

BLV(牛白血病)エライザ検査法とは

エライザ(ELISA)検査法について調べてみた。

BLVに感染しているかどうかを検査するのに、牛から採血して家畜保健衛生所(家保)へ持ち込み検査してもらうのですが、実際どのような検査方法を用いて判断されてるのか分からなかった。
なので、ぜひ「検査しているところを見せてほしい」とお願いしたが、却下された。
というか、色々な病気を持ち込むところなので、あまり飼い主は立ち入らない方がいい、という安全面を考慮してだった。それと、見てても時間がかかり待つことになるので、お勧めしないというものでした。

ですが、説明には来れるということでしたので、ぜひお願いしてちょっとした勉強会となりました。

メンバーは、家保、普及センター、役場、そして私とお隣の牛飼いさんで。

それで、家保で実際にBLVの検査には「エライザ(ELISA)キット」というものをつかうそうだ。
ネットでもいろいろ調べているうちによく目にする名前です。

ざっくりと超~簡単に説明すると、

「BLVウイルスを発色させてその発色の強さで判定する」

というものです。下の写真に詳しく書かれています
(1)まず、96ウェルという穴の中にBLウイルスが張り付けてあるプレートを用意する。
(2)そこに、採血した希釈血液を流しこむと、含まれる抗体がウイルスとくっつく。
(3)そこに標識体を流し込み、抗体と標識体をくっつける。
(4)そこに発色基質を流し込み、標識体と発色基質とをくっつける。
(5)採血した血液に、抗体が含まれていれば強く発色するので、その度合いを、機械で定量測定し判定する。

という原理で、ひとつのプレートで44頭もの検査ができるそうだ。
ただ、各手順ごとの反応に30分、そして洗浄の時間がかかり、数時間は検査にかかるようです。最後に機械で判定するところは数分らしいですが、その前段が手間ですね。

精度は高いそうですが、感染直後の場合抗体か少ないため、発色が弱くなり検出できないそうです。なので、6カ月未満の子牛や、導入直後の牛は検出できない、または再検査を要するようです。ということで、キット化されていて手順も簡潔で分かりやすく、はっきりと白黒が判定されるそうです。
プレートを用意すれば、45頭以上でも測定は出来るようです。
なので、手順が分かり、検査要員さえ確保できればスピードは確保できるようですし、外注して家保以外でも検査は可能なようです。

しかし、ボトルネックは、やはり現場での採血の時間ですね。
全頭採血となると、結構手間暇かかり、ストレスでゴタゴタありそうですので、気を付けないといけないところですね。

因みに、このエライザ法は白黒つける分にはいいですが、抗体数が上がっていてリスクの高い牛を判定するのには向いていないようです。
こちらでは、宮崎大学で有料(数千円)ですがPCR法でも検査してくれるそうです。
これだと、感染している牛でも、高リスク牛と低リスク牛とに分けて判定するそうです。これだと、廃用や肥育向けの判断に利用できますね。


ということで、今回はエライザ(ELISA)検査法でした。
何分素人なもので、間違った表現もあるかもしれませんので、その際はご指摘ください。
また、補足が必要な時は、コメントでお願いします。

今回ご説明頂いた家保のSさんありがとうございました。

Blv1


Blv2


Blv3


Blv4


«宮崎県家畜改良事業団へ「安平王」を見に行く。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ