« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月24日 (木)

招かざる客4

やっと

つかまりました。例のたぬきが。見張り(犬)がビニールハウスに向かって激しく吠え立てるので見に行ってみると、いましたいました。しばらく見なかったところでしたが、最近またうろうろとしていたので捕獲機設置していました。でもかからない日々が続いていたのですが、ここへきて捕獲のチャンスと首にかけるものをもってきて、しばらくの格闘の末、捕獲う~。やっとお縄となりました。早速遠い山へと旅立ってもらいました。一連の騒動はとりあえず完結となりましたが、ついこの間はイタチもうろついていたのですが、まだ被害報告は無いので要監視ということで。

P1010754よく見ると背中からは血がにじんでるうううう。 P1010755さいなら~。

2008年4月15日 (火)

陸 セリ市

昨日4/14、陸のセリ市でした。

7時、車に積み込みなので、朝5時おきで朝ごはんをみんなにやって、いざ出陣。トラックがきて綱を引いて乗せてやると、大体はイヤイヤして乗らないものですが、意外とすんなり乗り込みました。度胸が据わっているというか、単にぽやんとしているのかは定かではなく、出発。程なくして市場へ到着し、つなぎ場へはしる走る。まだ早いほうだったので所定についても他は少なくがらんとしていました。最後の手入れをしてぴかぴかにしてあげて、開始の順番を待っていると、他も続々と集合し、当日は435頭勢揃いとなりました。周りが並んでみると、陸ってやはり大きく、他の牛の一回りくらいあって、少し目立つ存在に。他の生産者が見に来る見に来る。順番が回ってきて、まず体重を量ると、331kg。通常は300kgまでが平均的な体重ですが、やはり余裕で超えていました。我が家の広い運動場で走り回ったり、バトルしたりしたからでしょうかね。いざセリにはいる。今日の相場は、オスで453千円、メスで426千円で、先月より30千円程、安く推移。やはり飼料高騰の影響が顕著に出ているスタートだった。陸はというと、するすると金額が上がって521千円で落札されました。体格がいいことと、太りすぎていないことが評価されたのでしょう。購買者が決まり、指定の追込み舎へ連れて行くと、前でせり終わっていた牛が入っていて、陸も仲間入り。緊張が解けたせいか、その中で走り回る走り回る。元気な様子を確認できたので、そこでお別れしました。伝票を見てみると県内の肥育農家へ行くようで意外と近所への転勤でした。頑張ってほしいものです。これで陸との約300日の思い出が完結しました。この経験が次に活かせられるようにしたいものです。5月は昇、6月はあいこ、7月は響と続きます。

P1010708やっぱ大きいぞ。

P1010710順番まだかなー、の図。

P1010714追込み舎内で走り回る。 

2008年4月14日 (月)

かずみ33号出産

4/13の昨日、無事出産。

昨日の朝ごはん時、予定日を前日に控えていた「かずみ33」号の様子がおかしく食べようとしないので、急遽出産準備。でも結局昼過ぎまで何も無くうろうろしていたが、13時過ぎ破水、でもまだかなーといった感じだったのでコーヒーでも飲んで、と休憩していると他の牛がうるさいので見に行ってみると黒い物体がうごめいていて、もう立とうとしていました。この間10分あまりで、コーヒーも飲み終わるかどうかといったタイミングでした。拍子抜けしたのもつかの間、あっという間に初乳も飲んで無事出産となりました。難産よりは安産に越したこと無いのですが、手のかからない出産やったなーといった感じでした。ちなみに久々にあいこ以来の女の子でした。

P1010705P1010697

2008年4月12日 (土)

陸、転勤間近

陸も4/14にセリ市です。

宮崎に帰郷し、牛飼いを初めて最初の出産に立ち会った、かほの子「陸」も、いよいよセリ市が近付いてきました。体もシャンプーしてぴかぴか!角も体も大変な大きさになって、おおかた320kgオーバーといった感じでしょうか。そんなイカツイ感じでも、性格は相変わらずおっとりしていて、今でもすりすりよって来る感じです。明日一日は最後の日なので軍団と遊んでもらいましょう。

P1010667立派になったこと!

P1010670性格がやさしいせいか、目もおっとりしている。

P1010679軍団といっしょ。真ん中陸。左から、閏、響、陸、昇、あいこ。 

P1000644昔はこんなにかわいかったのに。

2008年4月 3日 (木)

珀 種牛への道

4/2の昨日、珀はとうとう買われていきました。それも種牛候補として。

買われた、というより種牛候補生を検査・育成していく畜産試験場というところへ連れて行った、というのが本当で、珀を朝から車に積み込んで行くのでした。積み込みの準備をしていると、近所の和牛を生産している方々が続々と集まってきて、総勢20人ぐらいのわいわいがやがやの送り出しになってしまいました。和牛生産を一生涯していても、種牛候補生を送り出すことはまず無いため、今回の珀はいかに稀なことだと知っているからでしょう。確かに、宮崎県内で100000頭いるの母牛の中で、350頭が優秀基礎母牛として選定され、そこから生まれたオスの中で、体格検査をパスした年間23頭だけが候補生として今回のように買われるそうです。皆さんの暖かい声援の中、連れて行くこととなりました。到着してみると他に3頭いており、今年23頭の内の4頭だそうです。我々は1時間で着くところなので、余裕で出てきたのですが、他の方は3時間以上かけてきているそうで、人も牛も大変な道のりを来たのだなと。しばらくすると10人ぐらいの方々に囲まれて、それぞれ検査、見られたり触られたり、歩かされたりとして程なく終了。別室で30分ぐらいの審議があり、全頭合格で個別に購入金額が告げられました。普通のセリ市での金額よりはるかに高い金額での提示でした。でも今回は金額よりも名誉のほうが上回っているため、あまり気にはなりませんでした。そんなしている中、珀は疲れている様子でしたが、どちらかというと早く家に帰って運動場で軍団と遊びたいようでした。手続きも終わって珀は、この試験場で次の増体検査に入ることになっていて、ちっちゃな箱庭の付いた個室に連れて行きました。とても走り回れるところではなさそうなので、ちょっとがっかりかな。ここでは16週間皆と同量の餌を食べて、いか程体格が増体していくかを見られ、再審査で23頭から9頭に絞られるそうです。ここで選ばれるといよいよ種雄牛センターというところへ行き、試験交配といった種牛へと近づいていくそうです。今後が楽しみな珀、春の桜の咲くころ新しい門出でした。ちなみに、珀は種牛用の名前に変わりました。「 福桜王 」と。

試験中の8月末頃まではいつでも見に行けるそうなので、たまには見に行ってみようと思います。

今日、我が家の軍団は相変わらず走り回っていましたが、さすがに珀が一頭少なくなると物足りない様子でした。

P1010575 数日前の手入れ直後。おっきなったなー。

P1010621家での送り出しの様子。酒と塩と米で清めているところ。

P1010635他の牛ですが検査されているところ。

P1010641この奥に箱庭が。

P1010640がんばれよー、また来るしねー。   

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ