« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月25日 (月)

サイロ詰め、そしてさつき出産

  穏やかに晴れた昨日、トウモロコシのサイロを詰めた。

いつもより1か月程遅れて5月に作付したトウモロコシが刈り取り適期になったため、雨間に晴れの日が予報でついた昨日、サイロ詰めをした。昨年も刈り取り機械を頼んで刈ってもらい、畑に積んでシートをかけ密閉状態にする。昨年もやっていることなので、順調に進められることができた。昨年との違いは時期が違うというところ。3月に例年作付し7月にサイロ詰めになるので、7月と言えばあの炎天下のもと汗だくになりながら刈ったトウモロコシをスコップで集めたり移動したり踏みつけたりと、毎年気の遠くなる作業だった。そこで今年はというと、日差しがまったく違っていて風がふけば涼しい感じでした。詰めておけば漬物といっしょで、通年食べさせられるので毎年あきらめて頑張っていたのでした。今年は時期を少しだけずらすという改善でとっても快適でした。

と言っていますがそんな中、出産予定日が22日にきていた「さつき」号が、午前のサイロを終え昼飯時に帰ってみると、生みかけているではありませんか。皆であわてて足を引っ張りだし無事出産できました。さすがに初産なのでここ数日心配でよく見まわっていたのですが、今朝もあまりそれらしくしていなかったので安心していたのに突然でびっくりでした。まあ母体も子供も無事なので、まあちょっとした事件で済みました。昨日はサイロ詰めから、出産まで一気に訪れた忙しい日になってしまいました。ちなみに生まれた子はメスで、名前は考え中。

P1000051P1000052P1000054P1000066無事完了。このあと土を全面に乗せて2ヶ月後には食べさせられる。

P1000057立つんだジョーって、メスだって!P1000072即、乳を飲みました。   

2008年8月19日 (火)

はるひ誕生

去る4日の朝、8月6日に出産予定日を控えた、やすよ2号が唸ってた。

きたー。前回「昇」を生んだやすよ2が生みたがっている。さすが6産目、落ち着いたもので順調に破水して、足が出てきて、何もしないままつるんと出てきました。出てきたときに頭の上に体が落ちてきたようになったので、首から上がねじれたみたいになってしまったのであわてて治してあげると息もしてて無事でした。順調に立ち上がって、初乳を飲んで、と手のかからない出産でした。確認してみると女の子でした。体は少し小さめですがなかなかしっかりした足腰で、今後が楽しみです。名前を6産目で「 はるひ 」と命名し届け出しました。

P1000003P1000005 光の加減で少し立派に見える。

2008年8月17日 (日)

増頭5

この度、牛を買いました。

以前、かつこの紹介のあったところから声がかかって、離農するところにいい牛がいるので買わないか、というものでした。先月の競り市の時に気になった血統の牛がいたので、セリ落とせるようしてみましたが、高くて断念した血統で「勝忠平」という鹿児島の種でした。話があったのは機会があったら買おうと思っていた矢先でした。体格も立派で申し分ない、との情報でしたので、とりあえず見に行くことに。その農家さんはせり市で買ってきた牛を種付けして、親牛になるまで育てて妊娠牛として売るところで、約5か月ほど育てていてもう立派な体格になっていました。そして値段も立派なところに。来年には出産し、その年末にはセリに一頭目を出せることになるのでもう迷わず買いました。そして12日に我が家の11頭目の牛としてやってきました。名は「 このみ 」。動きはまだまだ子供、手がかかりそうです。

P1020469 P1020464 P1020467奥がこのみ、手前左から天、閏、ふたば

P1020470閏兄ちゃんあれ誰?(天) めちゃデカやなぁ!(閏)。

2008年8月 3日 (日)

新、畑への作付 その後

順調に育った?ので、刈り取りました。

荒れ放題だった畑でしたが、その後順調に育って、と思ったのですが問題が出てきました。やはり土の状態がバラバラなのと、今まで荒れてたぶん雑草の種や根が生きているようで、今回植えた品種の草に紛れて、ありとあらゆる雑草が生えてきました。まあ、それはある程度想定の範囲でしたが、困ったのは地力のないところがあったことでした。肥料は一定量入れているにもかかわらず、20cm以上育ってこない所があることでした。それも全体の1/4程度になり対策要となりました。とりあえず他のところはいろいろ混ざってはいるものの既定のところまで成長しているので刈り取ることに。モアという機械で刈って1日乾燥させて、今回は新しく「サイロッコ」というものに人力で詰め込むことにしました。これはおっきなビニール袋に詰め込んで空気の入らないよう口を縛ってサイレージ化するもので、要は貯蔵ができるようにしたのでした。ロールと同じ考え方なのですが、ロールは専用の機械(数百万円)で草を丸く固めてしまい、また別の専用の機械(数百万円)でビニールでラッピングするもので、そこまでして持って帰るのもちょっとと思っていたところへ、見つけたのが今回の「サイロッコ」でした。人力でビニール袋に詰め込むのは結構大変でしたが、詰め込んでしまえは゛畑に置いておけるし、貯蔵ができるしでちょっといいかも。この「サイロッコ」はネットでいろいろ調べ物をしていて探し出したもので、JAであることは確かなので早速地元JAへ問い合わせてみると過去に扱ったことがなく誰も知らなくて、値段もはっきりしなくて2,3日待たされて発注となりました。地元では初めての扱いでしょうとJAさんに言われてしまいました。詰め込んだ状態は写真の通りでちょっとくしゃっとなっていますが、空気を抜く際に大分押さえたため少し歪んだ感じになりました。約2か月でできるはずですので、開ける時が楽しみです。全部腐っていたら笑いましょう・・・(T_T)/~~~。

P1020232ここだけ見ると順調。P1020231なぜかここだけは芝生のよう。 P1020234刈り取らず残しました。P1020235 P10202705個だけどサイロッコ!   

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ