« 福桜王(珀) 種牛への道、そして「たかもり」出産 | トップページ | 精米所 »

2008年9月30日 (火)

「 睦(むつ) 」です。

先日生まれた、たかもり号の子は、「 睦(むつ) 」とつけました。

さすがに一週間近く経つと、しっかりしてくるようで、がっちりしている様子がわかります。どうも毛の色が銀色っぽいのは、兄の珀と同じようです。母の遺伝が強いのかも。ちなみに睦とは、仲睦まじく・・・、の睦で、仲がいい、相性がいい、気が合う、といった意味です。もしこれから種牛となったときに、いろいろな牛に種付けすることになるので、全てに相性がいいといいうことを期待してつけました。日本全国にいきわたる種だったらいいなーと思うのでした。それがここ(このブログ)からスタートだったら結構びっくりですね。

P1000176 P1000180

« 福桜王(珀) 種牛への道、そして「たかもり」出産 | トップページ | 精米所 »

」カテゴリの記事

種雄牛」カテゴリの記事

茂勝王」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/42646148

この記事へのトラックバック一覧です: 「 睦(むつ) 」です。:

« 福桜王(珀) 種牛への道、そして「たかもり」出産 | トップページ | 精米所 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ