« 「 睦(むつ) 」です。 | トップページ | ともみ出産 »

2008年10月16日 (木)

精米所

稲刈りの時期、今年は精米所で働いています。

今年も稲刈りの時期を迎えて、田んぼは金色一面に。この地域には各集落ごとに精米所をもっていて、籾の乾燥とコンバインによる刈り取りを組合を作って集団で運営している。今年の夏ごろ使者が訪れてきて、精米所の人員の一人として入ってほしいとスカウトの話があり、作業内容もあまり分からないままOKをだした。昨年は自前のコンバインで刈り取り精米所に持ち込んだ際、数人の方が作業をされているのを見ていたので、ああ、あれかと思い、牛の仕事もある中、ゆくゆくはそういうところへ行くこともあろうかと思い、承諾したのでした。これも一つのステップであることだし、何より地域の方たちとの顔見知りになることは必至でしたので。でもよくよく考えると、何日間の何時間の仕事で、いくらのアルバイト料になるのかなんて全く聞いてないのによく承諾したなと後で思った。概要がわかってきたのは9月の末、刈り取りと乾燥機に入れる順番決めがあり、10月の7日~21日頃の予定が決まった。要はその期間は精米所に張り付くこととなった。それで、今現在は稲刈りの真っ最中で、作業の内容とは、刈られてきた籾を乾燥機へ搬入すること、乾燥された籾を再びコンバインの袋に詰め込んで持ち帰ってもらうこと、JA等に販売で出す玄米を専用の新品の紙袋に30kgづつ詰め込んで封をすることでした。袋詰め自体は問題ないのですが、それをパレットに積み上げていくことが必要で、結構な肉体労働。朝の8時~17時の仕事なので、それまでに牛のことをしないといけないので、その分牛の仕事が前後にシフトしていて、朝も夜も仕事の時間が増えているのが現状です。最近こそ体が慣れてはきましたが、少しでも気を抜くと腰を痛めそうで積み上げるときは集中が大事です。安全健康が最優先の今日この頃です。体がきついのは仕方がないのですが、誰かがしないといけないし、回りを見回してみても私より若い人は誰一人としていませんが、年の違ういろんな人と話ができる点は結構いいかも。

P1000212中には大きな乾燥機が8台並んでいます。パレットには35個ぐらいのるので、5段目位になると結構厳しい。

« 「 睦(むつ) 」です。 | トップページ | ともみ出産 »

」カテゴリの記事

コメント

うわあ・・・通常の仕事が残業になる日々ですか・・とにかく体だけは大事にしてください、お疲れ様です

残業自体は問題ないのですが、いつもの時間にごはんがこないと、牛たちが騒ぐ騒ぐ!おらっ、飯まだかっ!みたいに聞こえるのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/42809281

この記事へのトラックバック一覧です: 精米所:

« 「 睦(むつ) 」です。 | トップページ | ともみ出産 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ