« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月23日 (火)

たかもり出向?

12/22に、たかもり号が畜産試験場に行きました。

基礎牛として県の指定を受けて、種雄牛を生む役割を担っていた「たかもり号」が、2頭の種雄牛候補の「福桜王」と「睦」を生んで以降、今度は確実に1頭の種雄牛を確保するため、約1年間の出稼ぎに行くこととなった。出稼ぎというよりは、出向や転籍のような扱いで、要は購入されました。また戻ってきますけど。仕事は受精卵とりで、それをもとに子を他の母牛から産ませるというもの。この1年間で一定数量確保できた段階で、一斉に種付けし生まれた産子のうち、オスでできのいい子を種雄牛にする。大変な役割を背負って出て行ったのですが、元気にまた帰ってきてほしいものです。

その子の睦ですが、母が出ていくというのであわてて離乳、もう今となってはいくら鳴いても母はおりませんです。彼も前回の検査も良かったらしく、今度は遺伝子の異常確認のため、珀の時同様に、毛を抜かれて検査に出されました。これでオー ケーが出ると、またひとつ前進したことになります。これまた楽しみですね。

P1000466P10004672 

2008年12月17日 (水)

閏のセリ市

12/16に閏のセリ市がありました。

はるみの子の閏が、とうとうセリ市でした。この間ブログに書いたような気がしていましたが、10か月が経ち、出荷の時が来ました。我が家の子の中では年長さんなので、我物顔でしたが、気は優しく体をなでてやるとじっとしている子でした。この子は血統がいいので近所の方もいいとこまでいくやろうと前評判は上々でした。セリ場でも見に来る購買者も少なくありませんでした。結果、体重は287kgで、532千円、という値がついて買っていただきました。当日のセリ平均が、約350千円でしたので相当高い値がついたことになります。今年最後のボーナスといったところでしょうか。買われた方は長野県の方なので、母親は遥々青森から来て宮崎で出産して、子は長野県にと結構派手に動いている親子ですね。

1月は天、2月はふたば、4月は惑と年明けから順に出ていく予定です。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ