« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月25日 (水)

はるひの品評会

町の品評会に、はるひが出場しました。

年に5回行われる町の品評会に、はるひが出ました。生まれてから5か月目までに、全頭検査が行われる。その時に良さそうな牛に対して品評会への出場が告げられるのですが、それにはるひが選ばれ、連れていくことになりました。そんなことは思ってもみなかったので一大事です。というのも、はるひは怖がりなので捕まえるのが大変で、この間は柵をくぐり抜けて出ていったくらいですし、ムリに捕まえるとこちらがケガをしそうなくらい引っ張るのです。そしてしなければいけないのは、爪切りや体洗い、毛刈り、そして何より下痢が続いているのと、体に湿疹としらみで治療が必要なため、それらで捕まえて連れ出さないといけないので、品評会までが大変でした。いざ品評会に連れて行くと周りに大勢人がいるので逃げ惑うかと思ったが意外と静かにしていました。結果は残念ながら参加賞ということになりましたが久々の品評会でした。

P1000939湿疹としらみのくすりを塗ったところ。こんなんで品評会に行けんのか?

P1010045体洗い後、とってもいやだったみたい。

P1010052毛刈りの後。さっぱりー!

P1010062品評会会場、審査ははるひを捕まえて立たせているので、その様子は写せませんが、これはその直前です。

2009年3月23日 (月)

このみ出産

このみが初めて出産しました。女の子です。

去年の8月に購入した「このみ」が、初めて出産しました。でも予定日は26日だったのでまだまだ先と思っていて、何にも準備していなかった中での出産を迎えてしまいました。当日は近所の後輩家族とギョーザ屋さんに飲みに行っていて、帰って牛の様子を何気に見ていると、どうもこのみはおかしい??やばい!即座に着替えてフラフラになりながら敷きワラや器具の準備をして、さあ来いと待つこと2時間、やっとの思いで出産させました。元気な女の子ですーと。でもこっちは全然元気は無く、やっと生まれたことに安堵しました。でもしんどいのはこれからでした。初乳を出産後3~4時間までに飲ませないといけないので、それが確認できるまでは終われない。何度も牛舎に足を運んでまだかまだかと見に行くのでした。結局初乳を飲みだしたのが5時で、6時には起きて他の牛の世話をするので1時間と決めて睡眠に入る始末でした。すこしあわてはしましたが、無事で何より。今は元気に産室内を走り回っています。名前はまだ未定。

P1010033 P1010040やっとお乳が飲めたー!足はフラフラ、見てる方もフラフラ。

2009年3月 5日 (木)

睦 種牛への道4

3月5日、とうとう買われて行きました。

6ヵ月齢を待たずして出ていくことになりました。大変な出世です。といっても、睦は珀の時とは違って、はじめから種が決まっていたので、生まれた時から出世街道が決まっていたようなもの。でも途中の検査に合格していることもありますし、なにより雄であったことは何か運命を感じてしまいます。今朝も何も知らずに一生懸命にえさを食べていました。食べ終わったのを見て、ぼちぼち手入れをしていると、近所の和牛の生産者の方たちが続々と見送りに集まってきて下さいました。総勢20名、皆で睦の祈願を行って、盛大な見送りの中出発しました。受け入れする事業団では、これまた多数の審査員の方たちに囲まれてしまいました。いろいろ触られ、計測されと睦も慣れない車での運搬とつなぎっぱなしに、いやいやをして落ち着かない様子でした。今回は1頭だけの受け入れでさびしいもので、次の4月の受け入れメンバーと一緒に増体試験を開始するそうです。試験は4月~8月でお盆のころに試験結果が分かるとか。結果が出るまでは心配ですね。今まで我が家では狭いところで体をくっつけあって寝てたり、小突きあったり、エサの取り合いをしたりと皆が周りにいましたが、今日からは今までの3倍くらい広い個室に1頭で過ごすことになるのでさびしいことでしょう。夜中に逃げ出さなければいいですが。また、今回種牛用の名前がつきました。「 茂勝王 」といいます。

ちなみに、この事業団のすぐ隣に試験場があって、母親である「たかもり」を見に行きました。お互いこんなに近い所にいるとは思ってもみないことでしょう。なにか「母を訪ねて・・・」みたいな感じになっていて、近日再会!こうご期待・・ と言ってしまいそう。そのたかもりは一生懸命食べていて元気そうでした。職員の方の話によると、気が強いらしく他の牛と一緒にしているとえらいことになるらしいです。そんなのがいた我が家の牛たちは皆仲よくしていたけど、荒くれ者の集団だったりして。そこでびっくりしたのは、そのたかもりの隣の部屋で食べていたのが「きよふく」という宮崎の種牛の「安平」をはじめ数々の種牛を輩出した母牛でした。昭和61年生まれで元気に食べていたのですが、それと肩を並べるようなところで今暮らしているのをみて、なにかたかもりに対する期待感みたいなものを感じました。たかもり家は家族総出で宮崎県の為に仕事をしていました。とりあえず元気そうでなにより。

P1000920数日前の毛刈りの様子。

P1000960祈願中、いい牛になりますように!

P1000967みんなで送り出し。うれしいですね。

P1000969ここはどこ? おどおど

P1000974全国和牛登録協会の会長さんだそうです。宮崎にいらしていて、たまたま今回立ち会っておられました。偶然というよりは、何か運命みたいなものを感じるなぁ。

P1000975たかもり食べる食べる。何か食べ物も部屋もVIP待遇な感じ。もう帰ってこないかも、いやいやして。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ