« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月23日 (土)

今年の就農者へ

おっと、気が付いたら3年目に突入していました、この5月で。

そう、2年前にこの宮崎に帰ってきて農業をはじめた。月日が経つのも早いものですね。この1年は何かできたかな。種牛候補「睦(茂勝王)」を送り出し、牛の微増頭を図り、秋には精米所で働き、農地・水・環境保全向上対策に役員で参加し、青色申告に挑戦し、病気・怪我もなく健康無事に過ごせた。経済情勢に影響されて売り上げが上がらないのは仕方ないことでしょう。そんな私に就農にあたってのことを、5/27に今年度の新規就農者の研修会の場で語ってほしいと、お世話になっている普及センターから依頼が入った。確かに私が2年前に就農した際にも、先輩の経験談を聞いて参考になったそれである。たった2年間しか携わってないけど、あまりにもいろいろなことがありすぎて何から話して、何を伝えたらいいのか結構考えてしまいますね。とりあえず体験してきたことを色々語ることができたらいいかなと思います。

その際、このブログのことも紹介される予定です。あまり参考にはならないのですが、話のネタにはちょうどいい内容でしょう。そんな訳でここを今年の新規就農の方が見られることもあると思いますので、どんなことでも結構です、いつも見て頂いている皆さんからも、何かエールを書き込んでもらえると、大変励みになることでしょうから、よろしくお願いします。

P1020212 わたし、「みこと」。先日かずみ33ママから生まれました。元気にお乳を飲んで頑張っています。みなさんもガンバレー。

2009年5月21日 (木)

はるひのセリ市がありました。そしてもう一頭増頭

セリ市がありました。

はるひのセリ市があり、いろいろ手入れして連れて行きました。あまり期待はしていないながらも、町の品評会には連れて行っているので、体形的にはいいのだろうと、そして多少は値段もあればいいな、ぐらいは考えていましたけど全く裏切られました。我が家の牛たちと比べて見てもそう小さくは無いので、そこそこの体重はあるだろうと思っていたら、たったの240kg、平均ではメスは280~310kg位あるのでその差は歴然。その原因であろう下痢はもう何カ月も続いており、血便も混じる状態のため、その旨を報告してのセリだった為でした。結果は220千円、きっと元は取れていないでしょうが、これが現実、受け止めましょう。

といったやり取りをしている最中に、別の動きをしていました。今日は牛を買うぞ!と。前日からセリ名簿をチェックをしていて、当日朝はるひの準備ができ次第品定めに回っていると、いました!、気に入ったのが。血統が良くて、体格がまあまあで、日齢が若くて、品評会に出ていなくて、そしておとなしく落ち着いていること。特におとなしいというのは、今後何年も付き合うことになるので重要視していました。今回その判定は、差し出した手を怖がらずに舐めたことで、こいつだ!と確信して、すぐにJAの人に入札をお願いしました。301kgで454千円で買うことができました。名前は「すずえ」、さっそく連れて帰って、様子を見ていると暴れることも無さそうなので、運動場へ出して他の牛たちと面会、新入りの厳しい洗礼を受けながらもすぐに溶け込んでしまいました。これから楽しみな我が家の一員です。

P1020222体形はいいのになー。

P1020237はるひのセリ直前。私はいずこへ?

P1020233新入り登場。ここはどこ?P1020267わたし、すずえ、よろしく\(^o^)/ P1020238みんなで寄ってたかって。誰だお前~。 

2009年5月 8日 (金)

かずみ33出産

かずみ33も無事出産しました。

予定日を5/2に迎えていた「かずみ33」が、4日遅れで無事出産しました。女の子でした。ふたばの妹になります。朝から少し鳴く様子が見受けられたので、今日かな?と警戒レベルを上げ、要観察としていましたが、昼すぎぐらいまでは何ともなかったのでちょっと畑に行って帰ってきてみると、寝ころんで「うんうん」言っていたのでこりゃ始まったなと。準備して見ていると、視線が気になる様子なので遠くから見ていると、あっという間に出てきていました。安産だっただけに、体格も小さく25kgといったところでしょうか。でも生まれて15分で立ち上がりを初めて、ヨタヨタしながらも初乳にたどり着いたのは、生まれてから1時間もしないうちでした。体の小さい女の子の割には、元気のいい子牛でした。

P1020147生まれて。

P1020151立って。

P1020157飲んだ。まあ、手のかからないこと。前回のふたばの時と同じ展開だー。

   

2009年5月 6日 (水)

さくら出産

さくらが出産しました。

天を送り出して3か月ちょい、さくらに次の子が生まれました。それも10日も予定日を過ぎ、早く産んでくれーとやきもきした中での出産でした。晩飯を食べて8時頃様子を見に行ってみると、ちょっとそわそわ動き回っていて、キターな感じ。準備万端で待っていると、陣痛の兆候はあっても自力で産もうとしない。破水してから時間が経っており、足先も一度見てるので、長時間は危険と判断して即医者に電話。来てもらってからはあっという間で、足先にひもをつけて引っ張り出してやりました。さすが10日も伸びると大きい。推定35kgといったところでしょうか。生んださくらはかなりしんどかったらしく、太ももあたりを痙攣させながら舐めていました。それでも産んだ子、タオルで拭いてあげてると頭で体当たりをしてくるのでこちらも退避、無事を確認しているので遠目に様子見としました。今回はここからが長かった。出産が午後11時、立ち上がって初乳飲むのを確認しないと寝れない。1時、2時と過ぎて、後産が降りて取り出してやってもまだ立ち上がらない。しまいに親子で寝ている。3時すぎに立とうとしていたけど全然。もう身が持たないとここで断念して寝ることに。明日も5時半には起きるので、その時に確認しようと床につきました。・・・目覚ましがなっている!寝た気がしない中起きて見てみると、よたよたなんとか立って飲もうとしているところでした。ここから先は時間の問題でした。今回も無事に生まれてよかったと思う中、眠たさが先行して1日中ぼーっとしてました。ちなみにオスの体のしっかりした子です。

P1020126よたよた、体が大きい分大変そう。P1020121ぼく生まれました!

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ