« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

49頭の種雄牛を守る署名運動のお礼

5/31、種雄牛49頭が殺処分されました。

種雄牛を守る署名運動にご協力頂き、ありがとうございました。以下に、主催である都城農協和牛生産部会 会長のお礼文を掲載します。

                              平成22531

各 位

               都城農協和牛生産部会

               部会長 井ノ上 廣實

49頭の種雄牛を守るための署名」運動のお礼

   

平成22420日宮崎県において、口蹄疫感染が確認されて以降、感染拡大が広がり531日現在238例を数え未だ終息が見えない状況です。

この様な状況の中、畜産農家及び関係機関の皆様には、口蹄疫の蔓延防止に毎日昼夜を問わずご尽力いただいております事に感謝申し上げます。

514日に宮崎県家畜改良事業団での肥育牛への感染が確認され、種雄牛49頭の殺処分が発表された事を受け、当都城農協和牛生産部会で「49頭の種雄牛を守るための署名」運動を実施いたしました。

部会員をはじめ、県内及び全国の方からご賛同いただき、22,757名の署名をお寄せいただき、5月23日、26日の2回に分けて県庁に登庁し、 我々、和牛生産農家・宮崎県の宝である49頭の種雄牛の処遇につきまして、国・県へ再考を嘆願してまいりましたが、28日49頭の内1頭に感染が確認され31日全頭殺処分されました。大変残念な結果になりましたが、特例措置として西都市に避難しておりますエース級の5頭については、PCR検査の結果陰性であり感染を免れております。この特例措置には、賛否両論だされておりますが、我々生産農家の希望であり感染しない事を願っております。

一刻も早く口蹄疫が終息する様、関係者一丸となって取組み、全国の和牛供給基地として必ず復興できる様、努めていく所存でございます。

今回、「49頭の種雄牛を守るための署名」運動にご賛同いただき激励いただきました多くの皆様にお礼を申し上げ、感謝いたします。

「49.pdf」をダウンロード

P10006172_25/26提出分の署名です。あわせて、皆さまからのメッセージも添えさせていただいております。

P10006182_2部会三役、県議会議員、和牛生産課長にて県庁へ

P10006222_2県は副知事にて受けて頂きました。

2010年5月29日 (土)

皆さまの署名とあたたかいメッセージに感謝、これからも口蹄疫撲滅へ

今回、「49頭の種雄牛を守るための署名」にご協力頂き、ありがとうございます。

集まった署名は、順次集計し県庁に届けられております。あわせて、皆さまからの励ましのメッセージもまとめさせて頂き、添えられております。知事としても後ろ盾があることで心強かったと思います。その署名数は、JAさまでとりまとめ集計されておりますので、そちらでご報告いただきたいと思います。署名活動は現在も続いております。

4/22に、当署名をお願いしたところ、皆さまのご協力の輪が、爆発的な広がりをみせ、相当数の署名となって届きました。いかに皆さまが、この種牛の行方に関心をもたれていたのかが分かりました。日本全国はもとより、海外からも届いており、皆さまの行きどころのない気持ちをまとめさせていただくことができたことをうれしく思います。

皮肉にも、今回の口蹄疫で、種牛の存在にスポットが当たり、必要性、希少性、そして育成方法等皆さまにご理解いただき、畜産業にとっていかに大事なものか皆さまと共有できたのかなと思います。そんな中、コメントで現在でも議論が交わされていますが、どちらもさまも言っておられることは間違っていないと思います。この議論が活かされ、前進していくことのほうが大事だと思います。(但し、お互いの誹謗、中傷を避け、お名前を出して議論ください。)

あきらめていません、現在も。宮崎県民が、県の財産を必死に守ることに何も恥じることはないと思います。かといって、他県へ出してもいいとは絶対に思っていないですし、そうでなければ殺処分、ワクチンという策を、自分の気持ちを押し殺してまで受けようとはしません。このウイルスが撲滅した後に、被災された方が希望を持って再開できる場を残せることを希望しています。種牛は最後の望みなのです。

2010年5月28日 (金)

スーパーサブ49 (記事追加)

スーパーサブ49

そう、彼らこそスーパーなのです。ウイルスの真っただ中に居ながら、生きている。無論、事業団の方たちの懸命なご努力によって、守られています。守るのも人間、その逆も人間。今はできることをして、動きを見守りたいです。まだあきらめる時ではないでしょう。今はまだ絶滅危惧種であって、絶滅していませんから。

そろそろ事業団さんの、今の状況を知りたいのは私だけでしょうか?

(安平にサブはおかしいですけどね)

記事追加

49の内、2頭がウイルスに倒れた。宮崎牛の歴史が、そして被災された方の希望が崩れていくようでつらいです。

でも、まだあきらめていません。

以下に、先ほど私に届いたメールの内容を転載します。とても今回の署名活動をやめる気になれません。

(メール内容)

牛屋にとって種牛ってのはとても大事な存在で、これからの宮崎牛の発展には居てもらわなくてはならない大きな存在です。
親父や爺ちゃんその何代も前の人達が一生懸命努力し必死になって改良してきた努力の結晶が今の種牛達。
その大切な種牛達を自分達の代で潰してしまわないといけない状況になってしまったのがとても悔しい。

確かに、種牛だけ特例ってのは虫がよすぎるのかもしれない。
一頭は一頭。
農家に居た牛達と命の重さが違うわけでもない。
感染を止めるためには必要な決断かもしれない。

だけど、やっぱり理屈じゃない。
牛屋にとって種牛達は宝物だ。

これから先の時代を背負っていく人達の為に 先人達の思いをここで途切れさせない為に
種牛の殺処分を止めてほしいです。

お願いします。

2010年5月26日 (水)

種牛ががいなければ宮崎牛ではない、口蹄疫撲滅しよう

今日の本会議で、49認められない。代りの種雄牛候補を・・・?。

宮崎牛系統の種雄牛を4頭譲渡の用意があるとの内容をニュースで言っておられた。それって宮崎牛ではないでしょう。事業団では高原町から高千穂町へ、感染を避けて移動させたのが、まさしく次世代の宮崎牛の種牛候補でしょう。たしか16頭。まだその後に控えもいるでしょうけど、それだけではこれまでのような優良な種雄牛を育てるには程遠い。

更には、優良な種雄牛がいても、そこに超優良な母牛がいてこそ種雄牛候補が誕生するのであって、どの母牛でもいいというわけではないです。でも今回の殺処分の中に、その超優良な母牛も何十頭も殺処分されており、今後の種雄牛育成に空白ができ、ますます宮崎牛としての市場価値は無くなっていくことでしょう。

相撲優勝の、宮崎牛一頭分の賞品もなくなる。

宮崎牛は宮崎の牛で改良してきたものが宮崎牛。

東国原知事の背中を押せるように、まだまだ署名を募っています。それぞれのチャンネルで声を掛け合いましょう。みなさんのご協力をお待ちしています。

     みんなで、キセキを信じて、頑張りましょう!

注:これまでに、メールで頂いた署名の中に、住所の記載のない方が多数おられ、名簿に記載されていません。貴重な1署名ですので、今一度確認ください。

2010年5月25日 (火)

今朝の新聞に・・・、まだまだ口蹄疫撲滅へ

今朝も牛たちにエサをやってきました。みな元気でした。最近はちょっとのよだれでも大変気になるもので、ヒヤヒヤします。防疫体制はとっていますが、この地域でも一頭出れば、都城一円処分で、ほぼ全滅です。消毒にご尽力いただいている方、関係の方、それにご協力いただいている方、大変感謝しています。

昨夜から今朝の報道に少し愕然としています。ただ、こんな反する署名をしていても、法の下の平等、国民全体の利益のため、そのために本部を取り仕切っている山田副大臣のぶれない考えも素晴らしいと思っています。当然49を残したがために、ウイルスを発することもあるでしょうから。更には、「示しがつかない」とおっしゃっていたことも、ムッとする言葉ですが、法に携わる身であることから、他の場面でも特例、特例としていくと、何のための法律か、ということになるでしょうから。

ですが、私たちもそれは承知の上。どれだけ今回特例で認めていただいても、ウイルスの真っただ中にいることですし、移動制限もかかっていることなので、無理だという思いもあります。でも、未だに事業団の方々が、必死になってウイルスから守っていること、そしてそれは、殺処分になった農家さん、ワクチンをうたれた農家さんが、宮崎牛の元に帰ってこられるところを残しておきたい一心だと思います。

ですので、無理なのは分かっているところを、ほんの少しだけ「愛」がほしいだけなのです。この署名活動は農家だけでなく、宮崎だけでなく、国民みんなの「友愛」のもとで集まっているのだと、思います。

と、忠富士の子、「すずえ」が申しております。7月出産予定です。P1030939

2010年5月23日 (日)

福桜王、茂勝王、種雄牛への道、口蹄疫撲滅!

我が家から種雄牛(種牛)が誕生した様子です。「福桜王」と「茂勝王」の2頭です。殺処分される寸前の49頭に入っています。ここで口蹄疫に侵されて途絶えてしまうのはあまりにも惜しい。

誕生までの様子をまとめてみました。やっぱり時間がかかりますね。

「福桜王の様子」

種牛かも(珀)

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_2951.html

遺伝検査

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_0c1e.html

2回目検査です

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_4168.html

最終検査です

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_6b53.html

福桜王として誕生!

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_897c.html

直接検定中

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-ab48.html

「茂勝王」の様子

茂勝王(睦)の誕生

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-5f64.html

初回検査

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-400e.html

2回目検査

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-446a.html

3回目検査

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-2047.html

茂勝王誕生

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-b6c5.html

事業団で2頭そろって種雄牛に並んでます

http://usi-cow.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-9829.html

2010年5月22日 (土)

種雄牛をなんとか守りたい(署名)、口蹄疫撲滅へ

(終了しました)

本日、避難していた種牛にも感染が確認されました。

また、ワクチン接種も決定したことで、区域内に入ることで全頭処分を余儀なくされる事態になりました。

再開支援策はあっても、種牛の存在が無ければ、皆の気力がなく無意味です。

宮崎の畜産が壊滅するのを見ていられません。

まだ、49頭の種牛は生存しているようですので、何とか署名に協力いただきたいと思います。

送付先は、添付の署名のJAへFAXか、またはわたしの以下のアドレスまでお願いします。

P10308923  JPG

PDFを作っていただきましたので、以下に添付します。digiappさんありがとうございます。

多くの署名が集まっています。みなさんに感謝します。

5/31 署名活動は終了しました。大変ありがとうございました。

(署名いただいた個人情報は、この署名以外には使用しません。)

2010年5月16日 (日)

種雄牛にまで

とうとう口蹄疫が、種雄牛にまできた。

5/16今朝の新聞に全頭処分の方向と。

宮崎の和牛が変わろうとしている。

福桜王も、茂勝王も無念じゃ。

2010年5月 2日 (日)

せまりくる口蹄疫

口蹄疫が多発しております。

宮崎県内でも、この都城地区には発生していなくて、当然我が家も発生していません。もし一頭でも我が家から発見されれば、全頭処分だそうです。ご近所さんも消毒の徹底に頑張っています。我が家も靴底の消毒と、家の入口に石灰をまいて予防しています。毎日様子を見ていますか゜、ちょっとよだれを流しているとハラハラドキドキですね。防疫優先のためセリ市、品評会、人の集まるイベントなど中止が相次いでいます。今月セリが無いので出荷予定の牛が出て行かないうえに、生まれるのもいるので、多頭飼育農家は大変だそうです。えさ代も余計にかかりますし、来月セリが開催されても、購買者も少なくなりますので安くなるのは必至の様相です。今日現在15例目が発表されていて、終わりが見えない状況で、みな不安な毎日を過ごしています。早く終息してほしいですね。

P1030775ひみつ、と、よかん です。新入りです。そっくりなので見わけがちょっと。 P1030779 P1030778P1030788 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ