« せまりくる口蹄疫 | トップページ | 種雄牛をなんとか守りたい(署名)、口蹄疫撲滅へ »

2010年5月16日 (日)

種雄牛にまで

とうとう口蹄疫が、種雄牛にまできた。

5/16今朝の新聞に全頭処分の方向と。

宮崎の和牛が変わろうとしている。

福桜王も、茂勝王も無念じゃ。

« せまりくる口蹄疫 | トップページ | 種雄牛をなんとか守りたい(署名)、口蹄疫撲滅へ »

口蹄疫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

福桜王」カテゴリの記事

種雄牛」カテゴリの記事

茂勝王」カテゴリの記事

コメント

川畑昭二様

 こんばんは。残りの種雄牛の検査はシロだったみたいですね。とりあえず、良かったと思います。私が勝手に想像してますが、福桜王と茂勝王の弟たちがきっと活躍してくれると思います。
 最近は平茂勝がらみの種雄牛が多い中、昭二君ちの大柄な「安福165の9」の牛は魅力だと思います。貴重な兵庫系の血量の多い種雄牛の誕生が楽しみです。また、育種価の高い新たな雌子牛を導入し、後継牛の育成もお願いしたいところです。
 まあ、その前に目の前の危機を脱したいと思います。
また、いつか役場のバスで一緒に事業団に視察に行こうね!前目産の種雄牛を見に!

arikawa

5頭が無事なのが、せめてもの救いですね。
「なぜ5頭なんですか?55頭じゃダメなんですか?」
でも現実に、全員引っ越しなんて、無理だったんでしょうね。なんか事業仕訳されたみたいで、「そこは仕分けするところではないでしょう。」と言いたい。
福桜王は、試験交配で1月頃生まれてますよね。あの子らはどうなるのでしょうね。茂勝王も今年1月に試験交配済みですから、今年の10月には生まれる。一応結果だけでも確認ですかね。事業団さんも今後の計画に、悩んでることでしょう。事業団さんの底力に期待します。でも今はまだそれどころではないか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/48370372

この記事へのトラックバック一覧です: 種雄牛にまで:

« せまりくる口蹄疫 | トップページ | 種雄牛をなんとか守りたい(署名)、口蹄疫撲滅へ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ