« 若 種牛への道2 | トップページ | 種雄牛紹介のビデオが、正式に公開されました »

2012年5月15日 (火)

巴 のセリ市でした。

巴のセリ市があり、まずまずの成績でした。

9月19日生まれの巴は、かつこの4産目で産まれ、初の男子でした。姉に こよみ と せかい がいて、2頭とも郡品牛です。3頭とも血統は「美穂国×福桜×上福×安平」で、姉二人は大柄でしたので、次もと思って出てきたのが巴でした。

産まれ時から40kgと大きく、その成長は姉同様のびのびとしていました。運動量も大きく、よく動きよく食べるのいい子でした。その割に親に似ずおとなしい感じが大きさを感じさせなかったのですが、よく見るとそれは大きかったのでした。

2月に子牛検査があり、日齢と体格からセリ月を6月と設定していたのですが、3月末にJAの担当者が我が家に来た時、「これ、6月のセリにしては大きすぎるよね。」って話になって、急きょ5月セリに潜り込ませたのでした。流石に血をひくもので、子牛検査以降グングン伸び出して、6月まで待つと、裕に330kgを超える勢いでしたのでいい判断でした。

そして、今日のセリ市、日齢は239日で、本日一番のワカゾーでした。ですが、体格はしっかりとしていて、他の300日齢の牛と変わらずで申し分なし。先にマニュアル子牛の検査でも、胸囲155cm、腹囲185cm、栄養度4に近い5と判断され、合格でした。「フレームがしっかりしていて300kgクラス。初期育成が良かったのだろう」と言ってもらえました。うれしいですね。「マニュアル子牛」の額章を付けてのセリでは、体重は301kg、445千円という結果で、平均が体重302kg、平均432千円(去勢)というところを見れば、十分納得のいく内容でした。きっと、6月でも269日齢で330kg位でしょうから、もっと高額も狙えたかもしれませんが、私の思いとは合わないので、今回の判断で良かったと思います。

私は繁殖農家は、肥育農家さんの為に、良質の子牛を低コストで生産し続けて、ゆくゆくは消費者さんに選ばれる農業者でありたいと思っています。その為にも、それぞれにメリットがあることが大事なのだと思います。今回、少しは叶ったのかなと。

そして今回、都城であまりパッとしない美穂国を、理解して購入頂いた、地元肥育農家さんに感謝です。 

« 若 種牛への道2 | トップページ | 種雄牛紹介のビデオが、正式に公開されました »

」カテゴリの記事

コメント

セリ、良かったですね!
239日での出荷は正解です。
流石!「マニュアル子牛」制度のあるJA都城です。
出荷を延ばせば、体重と若干競値が増えますが、餌代や飼養管理費等を考慮するとマイナスです。
巴は、こちら(西諸)で飼養されていたら、299日360Kgでの上場でしたねw(゚o゚)w
とにかく、こやかして出すのが西諸流・・(ノ_-。)

はまちゃん さん
いえいえ、都城も似たようなものです。300kg越えは、忠富士が出てきてからは当然になってきた感じがします。だから、一所懸命食わせてきた感じの牛はごろごろいます。私のを見て、勿体ない、と言われそうです。それに、360kgにもなろうものなら、我が家の牛舎は壊れます。

セリ、お疲れ様でした。
乾草作業がなければ、見に行けたんですが。

239日出荷は、流石に早い気もしますが、体重300kg越えなら、正解だったと思います。

最近、うちでも、美穂国×茂福×福桜×上福の♀が生まれました。巴君と良く似ています。推定(腰痛でして)体重40kgです。

都城の平均も、例年の如く、やや下げてきましたね。特に、♀。このまま、9月くらいまでは、じわじわ下げるんでしょう。
西諸、20日からですが、こちらも同様でしょう。

Cowboy さん
この時期、乾草とり優先ですよね。こんなに天気のいい日が続く年はあまりありませんから、有効に使わないと。
その産まれたメス、確かに似通っていますね。美穂国自身が大きく生まれるように思います。そうでないと、腰痛40kgはあり得ないでしょう。期待していいと思っているのですけどね。
でも実際、血統はともかく、こんな日齢で肥育農家さんはどう思われるのかな?と。ご購買された方は評価していただいたのでしょうけど、そうでない方もおられたでしょうし。日齢を揃えてよ!とか、いやいや体重を揃えてよ!とか。
値が下がってきたのには、繁殖側が動いていないのは確かでしょう。でもだんだん下がってきているのは、例年なら消費が低迷で、みたいな感じですが、ここ最近は肥育農家さんの体力が減ってきたのでは、と感じています。セリ場に活気が感じられなく思います。と言うか購買者さんが少ないとか、競る頭数が少なくなったとか、競る巾が狭くなったとか。お互いがボタンを押すタイミングを譲り合っているような。気のせいですかね。

繁殖農家が肥え太らすなら、早くセリに出す方がいいと考える肥育農家さんは多いとは思いますが、230日代だと他の子牛と合わせづらいかもしれませんね〜。でも自分の経験上、巴のような牛は270日だと350kg越えますよね。
あと、都城でも美穂国は無視できない存在になりつつありますね。種付けがかなり増えてるみたいです(授精師談)

とりあえず、我が家も明日出陣して参りますo(`へ´)
あ、今回は美穂国の牝を自家保留します。美穂国×金幸×平茂勝×紋次郎です。たぶん320kgはありそうなレディです( ̄▽ ̄;)

しげしげ さん
セリどうでしたかね。秀・勝・丸の3頭かな。3日目で下げましたからねぇ・・・、ちょっと心配。
その分、その美穂、保留で正解でしょう。今の都城では、正当な評価に届かないですからね。でも、種付が増え出しているということは繁殖側で認識が広がっているということですかね。美穂これからです。

やはりやり手ですねぇ(*^_^*)

kawabataさんを目標にします

なかなかそんな発育の子牛は出せるものではありませんよ(*^_^*)

色々言われている美穂国ですが、信じて使い続けています

母牛も買ってしまったし

競りと言えば今月は我が家は三頭の出荷です

安重守×2頭と美穂国が1頭

飼養管理のまずさを指摘された子牛達の最後の出荷です

せめて270キロいってくれれば………

しん さん
やっぱ、美穂の力ですよ。おもしろいように伸びてきますね。飼ってて気持ちいいとはこのことでしょう。
でも、私のまねはしない方がいいですよ。下痢OK、医者診せず、投薬無し、親の盗食OK、間食無し、といった具合です。最近は、その症状を見るのでなく、元気の度合いを見て判断するようになりました。なので、下痢はするものだ!、と思って一喜一憂しないですね。治療より予防、そして環境改善に力を入れています。
おっ、小林は明日からですね。都城も宮崎中央も下げでしたから、小林あたりから盛り上げていってほしいです。

秀は風邪っぽかったので欠場して再セリに回しました。この相場では叩かれるのが目にみえてますからね(T_T)
牝は相変わらず厳しかった、30万越えるのがやっとでした。
去勢は勝平正×照萩という微妙な血統でしたが、発育が良かったので平均を2万ほど越えました(;^_^A

しげしげ さん
再セリも結構勇気いりますよね。でも今月の相場を見る限り、賢明な判断です。それに、やや秀に人気がないですね。出身地の串間の結果を見に行っても、あまり変わらないみたいです。あの元気はいずこへ。
牝は勝平丸ですね。相場が相場ですから、残念です。
照萩の母牛をお持ちなのですね。確かに微妙な血統ですが、はまるところにはぴったりの構成なのでしょう。萩好きな方は結構おられるのだとみてとれますね。いい牛です、大事になすって下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/54718701

この記事へのトラックバック一覧です: 巴 のセリ市でした。:

« 若 種牛への道2 | トップページ | 種雄牛紹介のビデオが、正式に公開されました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ