« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月25日 (金)

たかもり の出産2013。 基礎牛への道?

たかもり が出産しました。最後は メス でした。

基礎牛になってから5回目の出産となった今回、種付け時にひと悶着あった たかもり でしたが、無事出産しました。まさか、5回連続オスか?と思われましたが、最後の最後に跡取りとなるメスを産んでくれました。よって、通産4産子+受精卵2産子のオスと、今回のメス産子となりました。(受精卵は我が家のみの数で、他でも生まれています。)

今回の子は、血統が 茂勝×安福165の9×紋次郎×糸光◆で、茂勝王と同じですね。体重が約32kgの中ぐらいでしょうか。初めはお乳にありつけるのに時間がかかりましたが、何とか飲めるようになりほっとしました。生まれたのが1月22日未明で3日程経ち、今では元気に産室を走り回っています。小耳で手足が長く、人慣れしすぎるくらい懐っこいです。ここらはたかもりに似てますね。よって、全力で自家保留です。

これにて、種牛候補産子は、このみの子 曜 で最後となったのですが、この子には、「基礎牛への道」が待っています。お兄ちゃん達が、成績を残してくれているので、この道は濃厚でしょう。そうなると、気は早いですが、何を付けようか?って話になって、楽しみですね。気は早いですが・・・。

1月22日生まれ、名前を「 あいたかもり 」にしました。今後ともよろしくです。

P1050502
介助なしで産んでくれました。手慣れたものです。


P1050513_3
初乳までには、時間がかかった。本能はあっても、お互いのタイミングがまだ合わない。


P1050516
お乳を探す。「はよ、飲んでくれ~、落ちつかんだろう―」


P1050539
親子で仲良くおひるね。

2013年1月18日 (金)

こよみ 足を骨折。廃用へ。その後

とても見ていられる状態ではありませんでした。

骨折箇所は、獣医師にて、止血の包帯とテープで固定していた。これ以上は何もできないということなので仕方がない。獣医が帰った後、ぶらぶらになった足の骨が当たって痛いのか、足を振り回す。血は飛び散り更にぶらぶらに。止血のテープも血で緩み、ほとんど外れてしまう。止血しているのは包帯のみ。それでもまだましの様子。

廃用が決まっていましたが、明朝まで手続きができない。共済の獣医師がTV電話で本所とやり取りして確認、そして廃用の決裁手続きとなる。その、本所の上司が時間外でいないという理由でした。どの道、搬出先も、手配できないので同じなのですが・・・。

結局、朝まで屋外ですごす。寒いのか、痛いのか、震えどうし。のこくずを大量に敷き、毛布をかける。朝から食べていないので、食欲はあるようで、食べさせると食べた。水も飲んだ。しばらくは落ち着いて横になる。産室の監視カメラを屋外へ設置し、常駐ではないが、遠隔で見れる体制にした。何かあれば、である。(山がすぐそばまで迫っており、血の匂いがするというのは少し怖い。山にライトを当てると光る目が見え、近寄るとたぬきで逃げて行った。)

しかし、じっとはしていない。横になってはいたので、もう立たないだろうと思っていたが、何故か起き上がる。とても歩ける状態ではないが、皆のいるところへ行って、使ってた飼槽に近づいていき、匂いを嗅いだり水を飲んだりする。ここでもいいと思ったが、バックができないことが分かった。皆の横ではダメである。そして動ける範囲を動いて、そこらじゅうの匂いを嗅いでいる。最後に確認しているのかな?・・・。左後足なので、左回りしかできないようだ。引いて介助しているうちに分かった。頭を上下に振るのは、片足のバランスをとるためだった。時機に分かった。寝ようと言っても、寝ない。30分は動き回る。そして、のこくずのところで崩れるように横になる。そして毛布、湯気、震え。こっちも離れ休む。寝れないが監視中ウトウト。画面を見てみると立ってるし、慌てて駆けつけ介助する。一晩中繰り返す。あとで気がついたが、小便をしていない。途中、少し出したところを見たがほんの少しだった。きっとできないのだろう。

明朝、他の牛にエサやりしていると、子牛がエサを残していた。よく考えたら床にのこくずを補充していない。忘れていた。床がいつになく湿っていた。寒かったので体調を崩したらしい。9時に獣医師、本所とやり取りして携帯で足と耳標を映し、決裁だそうだ。言っている間にまた立ちあがったのでトラックが着けるところまで移動した。獣医師はそこまでで帰った。あとはトラック待ち。そこから1時間以上待つが、その間、動き回るだけ動き回った。最後の力とばかりに。あっちこっち見て回った。足はその間振り回しているので、もう取れそうである。血は止まっていない。40分は動いたが、最後に崩れ倒れた。

やっとトラックが来て、立たせたいが無理のようす。荒いことはしたくないので、立ってほしいが無理だった。トラクターで寝たまま引っ張り、最後は寝たままトラックのウインチで引いた。もう足がどうなっているのかは分からない。引きずったところもどうなっているのか分からないが、もう何も言わずおとなしかった。でも、生きている証拠に頭を上げていた。無残だった。

正直、やっと行ってくれたとホッとした。骨折してから、「何でこよみが、」と、惜しいやら、悲しいやら、悔しいやら、いろいろな思いが頭の中を駆け巡る。走馬灯のように、過去の思い出がよみがえる。事故とは言え、防げなかった自分を責めた。その時の行動を思い出していた。一昨年、2頭の子牛を一度に亡くし、「もう我が家からは死なせない」と誓ったはずだった。でも、現にこうして防げず、足を骨折して横たわっているこよみを目の当たりにして、ココロが折れた。とても、見ていられる状態じゃなかった。トラックが出て行ったあとは、脱力感と落胆だけ残った。

P1050458
夜になって、腹がへる。何とか食べる。


P1050461
痛々しいです、角度が違うと。のこくずも赤くなってきます。

P1050463
すぐ横に皆のいる部屋があるが、入れないので、屋外。屋根の有る無いで全然違う。


P1050465
明け方、何度も動き回っているので大分疲れている様子。痛いのかどうかも分からない。


P1050466
獣医の確認が終わったので、うながされてトラックの出入りできる所へ無理やり移動。毛布は湿って重かったので外せばよかった。


出てきたはいいが、エサを食べる。後足が・・・。この後、運動場を何周も見て回った。そして力尽きた。

我が家を出て行ったのは、もう11時頃だった。

===これ以降は、その日の午後、他の牛の行動です。===

牛舎内も落ち着きが無いので、いつも通り運動場へ。そしたら、出ていくなり、鳴き叫ぶものや、地面や柵や、コンクリートの壁等を匂ったり、舐めたりしているので、興味深く動画にしました。柵の蝶つがいの隙間には、抜けた毛や血が付いていて、分かるのでしょう。柵などにも、最後に運動場を周った際に足を振り回していたので飛び散った血があちこちについています。こよみの存在を探しているのだと思いますけど、いなくなったのが分かっているのでしょう。牛たちの仲間意識に、涙が出た。


他の牛を運動場に出してあげた。皆、声をあげて鳴いている。呼んでるのか、探しているのか。そして、ここの柵で3頭が匂っているところに足を挟みました。匂いが残っているのでしょう。



柵の周りには飛び散った血が付いていて、しきりに匂っています。



コンクリートの壁面にも血の跡が。名残惜しんでいるようです。

私も、3日目にして、やっと安定してきました。最終的には廃用で出すことになるのは同じなのですが、繁殖の雌牛には、生まれたときから見ていて、性格も分かって、癖も理解して、共に生活しているようなものなので、特段の思い入れがあります。それを突然断ち切られるのには、衝撃と落胆が大きく、その穴を埋めるには、しばらく時間がかかるようです。

また、事故の無いよう、対策を打って、前向きに牛飼いして行かないとと、思った次第です。ご心配おかけしました。

2013年1月15日 (火)

こよみ 柵に足を挟み、開放骨折。廃用に。

今日夕方、他の牛に追いかけられ、柵を飛び越えようとして、後足を柵にはさみ、開放骨折。

明日朝、廃用手続きをして、と畜。

今夜は、投薬もできず、止血と包帯のみ。

足はぶらぶらで、痛い様子。

痛み止めも数時間で切れて同じなので、そのままの方がいいと。

いつかはあると覚悟はしていたけど、あまりにも無残。

切り取って、添え木をしてあげたいけど。

安楽死はできるが、県の確認がいるので時間外なので、やはり明日になるらしい。

これも難しそうである。

どっちにしろ無残。

P1050457


P1050456

現在のこよみ

http://usi.cafe.coocan.jp/

2013年1月 5日 (土)

このみ の出産2013。受精卵+オス=種牛への道1(パート2)

このみ の受精卵産子は、オスでした。再度始まった種牛への道。きょうだい検定の受精卵です。

昨年の9月11日に生れた  は、残念ながら2回目の検査の後、去勢の通知がありました。実に残念です。やや増体が弱かったので心配はしていましたが、やっぱり無理でした。平均そこそこでは、種牛にはなりきらないですね。

でも、この受精卵はパート2があり、12月が出産予定のこのみです。付けるときはいろいろあったのですが、無事付いてくれて一安心。貴重な授精卵の最後でしたので周期ごとにヒヤヒヤで見てました。そうして生まれたのが、1月3日の午後、これまた一喜一憂でした。

予定日は12月22日でしたがフツーにスルーし延長戦。今回は、できれば可能な限り自然保育器(お腹)の中にいててほしい。前回の 山 のようにやや小さめだとせっかくの機会を無駄にしてしまう。自然保育器で十分成長させてギリギリで出てきてほしいのが本音。でも、そうしているうちに1週間が過ぎ年末年始。医者になかなか気軽に頼める感じではなくなってくるので、待つしかない。忘年会でも心配で心配で、ビールもゴクゴク喉を通らない(ウソ)感じ。で、年明け3日の朝10時頃に動きがありお産開始となりました。

ですが、なかなか産める感じではなく、うろうろするばかり。やっと16時になって破水。17時30分頃、足が見え出し、爪の平が下を向いてるのを確認しカメラで監視。いつも通り自然分娩(介助なし)で産ませるのでPCで見ていると、このみが苦労してて「出らんなぁ」という感じ。爪先を出したままエサを食べるしまつ。そしてやっと産む気になって真剣にいきんでいて、やっと 18時40分自力で自然出産しました。

で・す・が?何かおかしい???産室に駆け寄ってみると、ちょっと見慣れない景色になっていました。写真は撮っていないので、手書きの画のとおりで、前足と頭がスソに近く、濡れてて膜がかかっている。後足は爪が乾いている。息はしている。これって「逆子」?。しかも出てきた足は向きも見て確認していた。ということは、これって噂に聞く「 逆子の裏返し 」ってことでしょうか。こういったケースは稀でしょうから、私の管理対象からは外しているのですが、まさか我が家で。それも受精卵の子で、そうなるとは思ってもみませんでした。まあ、何より、逆子を自力で産ませて、無事生きて出てきた事に胸をなでおろしました。でも、これって見てなかったら気付かずフツーに生んだとしか思わないだろうなと、後で思った。

出てきた子は元気よく、すぐに立ち上がりお乳を飲んだ。落ち着いてよくよく見ると、体も大きく足も長く太い。そしてレイの大事なモノは・・・付いてる!どうやらオスのようで、再び「種牛への道」が始まることになりました。

血統は、安秀165×たかもり(安福165の9×紋次郎×糸光◆)

体重は、約40kg

結局は、母牛に勝忠平のこのみを選んで正解だった。血統的には異論がありますが、体の大きさと分娩の安定感、若さを考慮しての受胎だった。やはり保育器の部屋は大きい方がよく育つのでしょうか、期待どおりです。おかげで増飼いも1ヶ月早くできた。分娩も毎回自然出産の練習をさせているので、自分でいきんで自分で産む、を心がけて、一気産みしてくれて助かった。おまけにオスだし、言うことなしです。

名前は、「 曜(よう) 」です。また、しばらくお付き合いください。

P1050270
前が強いよ。


P1050277
後足が太く長い。


P1050281
下手な手書き画でモウうし訳無いのですが、こんな感じ。

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年 2013

あけましておめでとうございます。

年越しはいかがお過ごしだったでしょうか。例年通り、職業柄年末年始を意識しないので、エサや資材等の不足がないようにと、年明けの動きがスムーズにいくよう手配だけして過ごしています。まあ年末に合わせて、大掃除や何か変わったことをしたくないのと、最近寒さが厳しいので動けていないのが現状ですけど。家の方も掃除を、と見えない圧力もありますが、仕事が忙しいふりをして、何とかきりぬけています。

そう言いながら、牛の方はと言うと、12/22予定の このみ の出産がまだで、10日が過ぎようとしています。たかもり の受精卵の子なので、安全に行きたいところですが、医者も年末年始の態勢なので困ったものです。血統柄、過大にはならないので、もう少し様子見です。

一方、ふたばの子 せいか が12/9頃から右後ろ脚の腿を痛がり、腫れていて、微熱が続いている状況です。食欲はあるので何とかもっていますが、長期化は他の足への負担が増すので体型が崩れる可能性が。一応、町の品評会へ出ることも決まっているので何とか元気にしてあげたいのですが、なんとも。

今年の農場経営の繁盛を祈願して、近所の神社に初詣。早馬神社という三股町の神社で毎年行っています。恒例の、相変わらずクオリティの低い絵馬を買いました。手作り感がいっぱいで、これもいいものです。おみくじもひいてきました。昨年は大吉で、今年は末吉。市場を反映しているのか、はたまた2014へ向かって V字回復する兆しなのか・・・、なんて深く考えずに、とりあえず今年も平穏に過ごせるよう願うばかりです。

今日の「勝間和代」さんのメールマガジンに、苦にならない楽しい努力を続けることで自分を維持向上し、そして、運を味方につける。「毎日がわくわくするような楽しい努力」をつづけてほしい、ということだった。自分にできること+αの楽しい努力で、自分もそして周りの人も幸せになれればと思う、今日の元旦です。

P1050250
ハンコだけは良くなりましたね。うーんあじがあるなぁ。


P10502561
持ち帰って、公開。年末に総括しないとね。?

P10502581
おまけ。今年の年賀状。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ