« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

当ブログと、牛Cafe他への広告を設置することとしました。

いつも私の運営していますWebサイトへの立ち寄りありがとうございます。

今回タイトルの通り、一部サイトに広告を設置することとしました。
当初より情報の共有、伝達、コミュニケーションの場として、牛Cafe、ブログ、掲示板、牛wiki、Youtubeと、皆さんのお役にたてればと思い運営してきました。なので、基本的に営利目的ではなくボランティアとして運営してきておりました。
ですが、ここで少し見方を変え、この出来あがってきているコンテンツを経営資源ととらまえ、広告を設置することで、収益源となるようにしました。
対象は牛Cafe、ブログ、Youtubeです。
広告はGoogleAdSenceと提携し、随時提供されます。
(掲示板と牛wikiは共同制作コンテンツなので対象から外しています。)
まあ、収益源と言っても月に数百円程度と思われますのでホントにわずかばかり。ですが、このことが新しい農業のひとつのカタチとして、実践してみたいと思います。
なので、記事の表示時にわずかなもたつきや、表示データの増加があると思われますがご協力お願いします。

2013年12月23日 (月)

このみ の出産2013 種牛への道2ndシーズンはじまる。

基礎牛の「このみ」が出産しました。種雄牛候補です。

今年度から基礎牛認定となった「このみ」が、12月21日に無事元気なオスを出産してくれました。なので、種牛への道が再びスタートします。

たかもりの基礎牛が終了して、1年のブランクの後、このみが採用された。このみはその時、福安照をおなかに宿していて、そのまま事後指定となった。12月15日の予定日を過ぎて、オスメスどちらが生まれるかヤキモキしながら待っていましたが、21日の昼過ぎからもじもじしだしお産スタート。午後8時40分に無事出産しました。

で、アレが付いてるかどうか確認しようとするのですが、着きっきりで舐めまくってるし、少々殺気立ってるので近ずけずで時間がかかってしまいましたが、目視と触診で確認しました、アレを、オスでした。今ではまだ、小さいアレですが、後には日本を動かすでっかいアレになってほしいなと思った。

血統は、福安照×勝忠平×紋次郎×平茂勝。このみの6産目の子で、体重は標準的な30kg程です。元気で直ぐに立ち上がって、30分後にはお乳を飲んでました。

名前は「 必(ひつ) 」です。

ちょっと気なるのが、このみのIARS保因かどうか。紋次郎が持っているしどうだろう…。この件については、数日前このみの遺伝子検査がありました。県内の基礎牛全頭のIARS保因状況を掴むと言うことで、このみの毛を抜かれて行きました。このみが保因となった場合、基礎牛を外れるのか、ということは無く、交配を考えるため、としているようです。そして、生まれた子は検査の進捗によって、遺伝子検査を必ず受けるので、その時に分かるし判断するそうです。

そして、育種組合の研修会も行われ、県家畜改良事業団Y氏による話もありました。今回初めて宮崎県内全基礎雌牛の血統構成が示されました。ここには出せないのですが、気になる勝忠平の基礎雌牛のシェアは?と思っていたら、県内2頭でした。現在288頭中ですので、なかなかいい位置に付けてるな、と勝手にニンマリしてました。

そしてそして、福安照産子での候補牛は、現在都城から1頭、直接検定に入っているだけで、こちらからも望みありとニンマリです。

今後がまた楽しみになりました。あまり期待せずに期待していてください。


参考にならない、出産動画。何もせず、何も足さない。


P1090071
このみもシツコイ。


P1090111
良く飲む子。見るたびに飲んでます。


P1090115
飛びぬけてはいないけど、整った感じ。福安照の特徴!?


P1070996
IARSの検査に来てもらいました。


P1070997
毛をいっぱい抜いて行きました。遺伝子ガンバレー。

2013年12月 2日 (月)

たかもりひめ の登録検査でした。

「この牛はですね、安平王を産んだ基礎牛のたかもりから、種雄牛を造るために一度畜産試験場で受精卵を取ったんですよ。その時のメスの子で、結局種雄牛は造り出せなかったんだけどメスだけは5頭ぐらいいるんですよ。」・・・なんて説明もする必要もなく、登録検査を受験しました。たかもりひめ自体、元々小柄だったので現在でもそう大きくなく、今日の検査の中でも目立たない存在でした。なので、だーれも血統を聞くようなことも無く、サラサラーッと受験しました。

測尺    体高129cm、体重410kg、22か月齢
登録点数 80.4点
という結果に終わりました。可もなく不可もなく、妥当な線でした。
みなさんはきっと、秀菊安かなと思っていたことと思います。

いいんです、それで。この子の存在はあまり知られていないので当たり前なのです。ですが、
血統は、安秀165×安福165の9×紋次郎×糸光◆ 
     (安秀165=安福165の9×紋次郎×安美金) なので
但馬の濃い濃い血になって、登録を受けるまでになった事に意味があります。
時間はかかるかもしれませんが、この子を使って何かをしたくなると思いますので、暫く様子を見ていたいと思います。
ただ、IARSが気になるところですが・・・。

P1070909 P1070910 P1070911 P1070912
前がちで、背幅あり、毛深く密生、差し毛。


P1070921
血統書は面白くなっている。血の固定化って事ですね。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ