« こつぶ の町品評会でした。 | トップページ | このみ の出産2013 種牛への道2ndシーズンはじまる。 »

2013年12月 2日 (月)

たかもりひめ の登録検査でした。

「この牛はですね、安平王を産んだ基礎牛のたかもりから、種雄牛を造るために一度畜産試験場で受精卵を取ったんですよ。その時のメスの子で、結局種雄牛は造り出せなかったんだけどメスだけは5頭ぐらいいるんですよ。」・・・なんて説明もする必要もなく、登録検査を受験しました。たかもりひめ自体、元々小柄だったので現在でもそう大きくなく、今日の検査の中でも目立たない存在でした。なので、だーれも血統を聞くようなことも無く、サラサラーッと受験しました。

測尺    体高129cm、体重410kg、22か月齢
登録点数 80.4点
という結果に終わりました。可もなく不可もなく、妥当な線でした。
みなさんはきっと、秀菊安かなと思っていたことと思います。

いいんです、それで。この子の存在はあまり知られていないので当たり前なのです。ですが、
血統は、安秀165×安福165の9×紋次郎×糸光◆ 
     (安秀165=安福165の9×紋次郎×安美金) なので
但馬の濃い濃い血になって、登録を受けるまでになった事に意味があります。
時間はかかるかもしれませんが、この子を使って何かをしたくなると思いますので、暫く様子を見ていたいと思います。
ただ、IARSが気になるところですが・・・。

P1070909 P1070910 P1070911 P1070912
前がちで、背幅あり、毛深く密生、差し毛。


P1070921
血統書は面白くなっている。血の固定化って事ですね。

« こつぶ の町品評会でした。 | トップページ | このみ の出産2013 種牛への道2ndシーズンはじまる。 »

」カテゴリの記事

コメント

何回、見ても、どっかで見た系統ですね。栃木産の、あの種雄牛。
種牛の系統だけ見ると、コピー&ペーストですね。

どう見ても、何かをやらかしそうな(良い意味で)予感のする、母牛です。
で、おなかの中の子のお父さんは?

Cowboy さん
確かにほぼ一緒ですね。安福久まで来るとガッチリはまりますね。
一応、安秀165は山形産です。

付けたのは最終は秀菊安になりました。と言うのも、なかなか付かなくて、福安照を3回、福之国を1回、そして秀でした。ちょっとへこみましたけど、付いたのでOKですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/58686648

この記事へのトラックバック一覧です: たかもりひめ の登録検査でした。:

« こつぶ の町品評会でした。 | トップページ | このみ の出産2013 種牛への道2ndシーズンはじまる。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ