« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月19日 (水)

ゆうこ の出産2014

先日、美穂国の「せかい」と戦った「ゆうこ」が、無事出産しました。

2月14日が予定日でしたが、5日延びた早朝、自力で産んでくれました。というのも、昨晩やや動きが違うな、と監視体制に入ったのですが、これっ、という決め手に欠いていて様子見ということで時間を区切ってカメラで見る事にし、寝たのでした。AM3時に起きてカメラチェックするもあまり変わらずだったので、再び就寝。AM5時に起きてカメラをチェックすると・・・生まれてました(@_@)それから慌ててワラ敷き等してゆっくりさせてあげました。
ゆうこも子を前にして何やらふてくされた感じで、あまり子を舐めようともしなかったのですが、ワラを敷いてあげると喜んで、しっかり子の世話をしてくれました。やはり子を産むときぐらいは、床面を綺麗にしてよネ!と言わんばかりです。ハイ、すいません、以後気を付けます。

血統は、平忠勝×福之国×安平×糸秀
体重約33kg程のメスでした。
平忠勝は我が家では初めての血統で、尚且つメスなので、どんな成長してくれるか楽しみです。
名前は、「ねいる」としました。よろしくです。

P1090692
なんとか体が乾いてきて、起き出す元気が出てきました。

P1090699
お乳も意外と直ぐに見つけていました。

2014年2月18日 (火)

世代交代か?

世代交代を思わせる出来事が、2つありました。

昨日は雨上がりのすがすがしい一日で、牛たちも運動場へ元気よく出ていきました。毎日外へ出ないとストレスが溜まるらしい。出たはいいが、勢い余っていろいろといざこざが・・・。

一つは、新旧基礎牛同志。
基礎牛を5年勤め上げ、13才の「たかもり」ですが、現在も元気に繁殖に励んでいます。彼女は一番年上で、我が家のボスに君臨していて、長年その座を守り抜いています。
その後を継ぐように基礎牛になった「このみ」。若くて意気揚揚としています。
その若手のこのみが、たかもりに仕かけ、小突きあいになった結果、たかもりが嫌気を示し避けることで、結局このみがたかもりを追い掛け回す結果になってしまいました。たかもりは基礎牛も譲り、ひょっとしたらボスの地位も失うかもしれないビミョーなタイミングです。

もう一つは、国変わり。
福之国の「ゆうこ」と、美穂国の「せかい」。運動場に出るなり、せかいがゆうこを迎え撃つかのように角を合わせ、押し合い突き合いのバトルが展開。年上のゆうこは出産予定日が3日過ぎていて、そんなに暴れ倒すような体調でもないし、体格の差でも大柄なせかいとは違いすぎるので、慌てて止めに入った次第。福之国のゆうこが先輩だし、順位も上なので今までは良かったけど、ノリに乗ってる美穂国の勢いに、やや後退の兆し。でも出産後の万全の体制なら負けないぞ、という気持ちも伝わってくるので、まだまだ続きが展開されそうです。

牛達もそれぞれのコミュニティーを形成して群れを維持していくのですが、時には流血事故まで発展することもありますので、牛達の世界も大変です。

ま、一番のボスは「私」ということになっているはずです。・・・たぶん・・・

P1090680
奥右が「たかもり」、左が「せかい」。距離を保ちつつもお互い意識してますね。


P1090687
奥右が「ゆうこ」、手前左が「せかい」。ゆうこよ、お腹パンパンなんだからやめようよ。

2014年2月14日 (金)

基礎牛「このみ」の種付けでした。

基礎牛の「このみ」、指定交配の種付けでした。

昨年12月に、種雄牛候補「必」を産んだこのみですが、昨日の夕方、産後2回目の発情がきたので、本日種付けとなりました。
このみの血統は、勝忠平×紋次郎×平茂勝で
指定種は、忠富士でした。

今回も、指定種が決まらず前日になって確認したしだい。もし決まらなければ次の発情を待つところでしたが、夕方遅く決まり、受精師さんに今日の朝診てもらうように依頼したのでした。
夜は発情で牛舎内大暴れ、背中から湯気の立ち上るいい発情でした。牛舎は壊れそうでしたが・・・。
朝、まだタイミング早いかなと思いながら受精師さんに診てもらうと、「今、付けないと!」ということになったのですが、肝心の種はボンベにあらず。手配と経由箇所があり、その手続きに時間がかかり、取りに行かれた受精師さん、それから1時間後にようやく種付けとなりました。
以前、たかもりの時には、種は決まっても県内に無い・・・ということで、次の発情を待つこともありました。それからすると素早い対応でした。

今回の交配、かなり気高を意識した造りになっていますね。そこに紋次郎が絡んでいるのがミソです。ただ毛色が気になるところですが、どうなるか楽しみですね。

P1090672
このみ、今度もよろしくね。

2014年2月 9日 (日)

えみこ の出産2014

えみこ が出産してくれました。屋外で(T_T)。

3産目になる えみこ ですが、我が家の中でも中堅どころになりだんだん貫録も出てきました。我が家に来たときには229kgで、年下の子らにいじめられていましたが、もうそんな過去は見当たりませんね。

血統は、福桜王×日向国×安平
お腹には、美穂国がつけてありました。

出産の予定は1月28日でした。お乳の張りやスソの緩み具合からみて予定通りかと思っていましたが他にならって越えました。そして2月5日の夕方、他の牛の種付けで受精師さんと話をし、帰った後、エサの準備をしている最中、運動場を見てみると、えみこが地面の黒い物体を舐めている。ひょっとしてと思い近づくと、生まれたてと思しき子牛がうずくまっていました。
「やっちゃった」と思いつつ、一輪車とロープを持って運動場の牛たちをかき分けダッシュ。えみこを木に繋いで、わらわらと近づいてくる牛たちを払いながら、子牛を一輪車になんとか積み込み、追いかけてくる牛たちを気にしながら産室へ直行しました。

えみこを連れてくると直ぐに舐めだしましたが、えみこが舌を出して「べぇ~」ってするのでよく見ると泥だらけだったので慌ててタオルで拭いてやると、良く舐めるようになりました。

慌てていたのでよく分かりませんでしたが、結構な大きさでした。概ね40kgを越えるような大きさで、胴も足も長い。肝心のあそこを見てみると付いていなくメスでした。

普段なら様子をよく見ていて、この2時間前には見ているので気にはしていなかったのですが、兆候を見逃す大失態でした。無事で生まれてくれたことは幸いでした。まさしく自然出産ですね。青空出産ともいうかな。
名前を「 すうぱあせる 」としました。何かを起こしてくれそうな牛です。

P1090579
他の牛たちもわらわらと寄ってくる。


P1090580
無事、産室へ到着


P1090590
そっくり


P1090596

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ