« 陳 のセリ市 | トップページ | たかもりひめ の出産2014 »

2014年6月23日 (月)

必 種牛への道 2

「必」の2回目の種雄牛候補の検査でした。

2回目の検査が5月にあり(投稿遅れ)、検査自体はすんなり終わりましたが、後日去勢の指示がきました。

血統:福安照×勝忠平×紋次郎×平茂勝

測尺:前高100.4、後高102.2、胸囲125、腹囲162

発育度:0.5σ

検査の日、「すんなり」とは書きましたが何となく重苦しい雰囲気を感じていました。聞くところによると、今年の基礎牛産子はオスが多く産まれており、その中から年間23頭直接検定牛を選抜することから、競争率も高くなっているとのこと。やはり、そうなると発育のおとなしい必には、やや分が悪かったようです。ま、他にも要因があったのかもしれませんが、残念ながら次の段階へは進ませてはもらえませんでした。

次は忠富士が付けてあり、どんな子が生まれてくるか楽しみです。


P1100226


P1100230


P1100236

« 陳 のセリ市 | トップページ | たかもりひめ の出産2014 »

」カテゴリの記事

種雄牛」カテゴリの記事

コメント

やはり、険しいのですね、種牛への道。
♂が生まれるすぎると、予算などの関係でしょうか、競争率が高くなるなんてことは、考えもしませんでした。
何か、勿体無いですね。

気高が強い気もしますが、忠富士に期待ですね。

Cowboy さん
年間頭数が決まっているので、それ以上は入れなくなってます。直接検定で23頭、そこから9頭に絞られます。それでも県事業団の飼養牛舎が60頭だったと思うので、成績がふるわなく頭を出せない種雄牛は、年間9頭ずつ廃用ですね。厳しい世界ですね。
なので、この増体なら、どこかで落とされてるでしょう。諦めが肝心です。メスだったら良かったのに、みたいな話にもなってしまいます。

「必」、県内では、めずらしく、おもしろい血統構成だったので、期待していました。
とても残念です(/□≦、)

次は、忠富士ですか・・(忠富士×勝忠平)Σ(゚д゚;)
巨大児(2.0σ~)
になりそうな予感がします。期待してます!

はまちゃん さん
種牛造成はなかなか思うようにはいかないものですね。なので、今現在ラインナップの種牛は、よほどの幸運の牛たちなんだなと実感します。
次回の忠富士もなかなか面白いんじゃないですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/59866519

この記事へのトラックバック一覧です: 必 種牛への道 2:

« 陳 のセリ市 | トップページ | たかもりひめ の出産2014 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ