« 必 種牛への道 2 | トップページ | 倍 のセリ市 »

2014年7月 7日 (月)

たかもりひめ の出産2014

(下書きしたのを忘れてた~、もう1ケ月だ><)
6月10日は、「たかもりひめ」のお産でした。


6月3日が予定日で初産だったので、見逃しはできないと気にかけていたので、夜の見回りは欠かさなかった。それに「たかもり」の後継牛初号機なので念入りだった。なので兆候に気づいたのが夜の12時、そこからうろうろと始まり、ようやく破水が4時、そして産まれたのが6時過ぎだった。

さすがにオールナイトは体が持たない、きついわ~。
秀菊安×安秀165×安福165の9×紋次郎で母親は「たかもりひめ」。
オスの27kg程。
初産で疲れたのもあるのですが、プチ育児放棄ぎみで、全く舐めようとしなくてただ見てるだけ。角で小突く様子も見られましたが、子は飲みたいらしく、その根気に負けてお乳は飲ませてくれました。
おかげで乾いた体はギシギシで汚れていましたが、今朝にはきれいになっていました。
きっと、夜のうちに舐めてくれたようです。だんだん母性が蘇るのか・な?
名前は「藍(あい)」ですぅ。
10454985_317117638453687_8122482538
気になるけど舐められない!

10365405_317112261787558_9156859051


10333683_317112188454232_5652988694

« 必 種牛への道 2 | トップページ | 倍 のセリ市 »

」カテゴリの記事

コメント

最低な奴!自分さえよければそれでいいのか 種牛作りに生をだす愚か者。それで良い種牛は県には生まれない。県指定牛の力借りてこそ成り立つ!あぁ愚か者、あぁ愚か者

ようこそ、いらっしゃい名無しさん。
まずはお名前お聞かせ願えないでしょうか。
さあ、どれにしましょう。

お返事無いようですね。
洋紀久男さん、とでもお呼びしましょうかねw

書いてある内容を読ませていただくと、イマイチ種雄牛の造成について、洋紀久男さんはよく理解されていないようですね。
種雄牛と県指定牛の位置付け、交配種雄牛の選定など。
また、この後の後代検定の検定牛の交配選定やその後の検査、結果の扱いなど。
そして、この種雄牛造成に対しての協力体制と、その予算の扱いや負担について。

種雄牛に選ばれて良かったとは思いますよ。ただ、自分の牛と努力で伸し上がったと、ぬか喜びしていては足元をすくわれますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/59815510

この記事へのトラックバック一覧です: たかもりひめ の出産2014:

« 必 種牛への道 2 | トップページ | 倍 のセリ市 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ