« まかろん のセリ市 | トップページ | 団 と 臣 そして式 のセリ市でした。 »

2015年9月23日 (水)

きょうだい検定による受精卵を移植。種雄牛への近道かな?

今日9月23日に、きょうだい検定の受精卵を移植しました。
貴重な卵で、且つ数も限られているので、かなり慎重を期しての移植になりました。

きょうだい検定は受精卵移植技術を活用した種雄牛造成事業で、県の畜産試験場が主体となって、育種組合員によって実施されます。この事業で生まれた産子のうち、オスは直接検定牛の選考対象になり、メスにおいても県内保留しマークされます(次期基礎牛候補として、たぶん)。

都城地域では久々のきょうだい検定で、前回は我が家の「たかもり」の検定が2011年に移植して以来の6年ぶりです。その時は、オス頭数も少なく、目にかなう産子も出来てこなかったことから、直接検定までは至りませんでした。ですが、メスは数頭残っている状況です。我が家にも一頭「たかもりひめ」がい保留されています。

今回の受精卵は、当三股町「ななこ」と都城市「まつはな」で、産肉能力がいずれも高く育種価もすごいらしい。(詳しくは書けませんが)
「ななこ」は、安平×糸秀×安福(岐阜)で、第1花国と福之国で採卵されましたが、その後体調がよろしく無く、現在どうなっているかはわかりませんが、この受精卵で血を繋ぐことになるようです。
「まつはな」は、第1花国×平茂勝×安平で、勝平正で採卵されています。もう殺処分になっていますが、勝平丸(後代検定結果BMS7.3、4・5率100%)との血縁で、高能力を引き継ぐ牛らしいです。

よって、今回は地元「ななこ」の第1花国にエントリーし、本日移植の運びとなりました。ただ、この第1花国の卵、結局4個しか回収できておらず、更に貴重さが増している状況です。本来20個Aランクを回収し、移植して半分受胎し、その内半分づつがオスとメスで、そのオスの中から直接検定牛を選定するというもの。なので、4個の卵では直接検定にたどり着くこと自体奇跡に近いですね。

これらを踏まえて、受胎率100%を目指し、選定した母牛は若くてカワイイ勝平正の「せいか」で、2産したところでした。
7月末に産後2回目の発情確認し、8月1日排卵確認、9日移植予定でしたが、移植前日に子宮の締まりが弱く断念。
次の発情を8月23日確認したものの、8月31日の前日確認でまたしても締まり具合で断念。やや発情も弱く、黄体形成もやや難があった。
3度目の正直と、9月16日発情確認で獣医と相談し、投薬してもらった結果、9月22日前日確認良好で本日移植できました。後は祈るばかりです。
そもそも、この暑い時期に移植をスタートさせる事業に問題もあるのですが、とりあえず受胎させることに全力投入で、分娩間隔は度外視です。

とりあえず第一段階はクリアしました。次の発情確認から続く永い永いステップをすべてクリアして、種雄牛にたどり着くには2年後。その能力を確認するには更に4年後?
気が遠くなりますが、また牛飼いとしての楽しみが一つ増えました。
種雄牛の道に何とか乗せてやりたいですね。
「ななこ」の生産者産のためにも。


P1120446
キレイキレイして

P1120449
ソーッと注入。右でした。


P1120450
SD107-8A、と書いてあるはず(拡大してみると書いてありました)。
スーパードナー107番!


12042797_569584829873632_3389574793

カワイイせいかちゃん。ガンバっておくれ~

« まかろん のセリ市 | トップページ | 団 と 臣 そして式 のセリ市でした。 »

」カテゴリの記事

種雄牛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/62336522

この記事へのトラックバック一覧です: きょうだい検定による受精卵を移植。種雄牛への近道かな?:

« まかろん のセリ市 | トップページ | 団 と 臣 そして式 のセリ市でした。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ