« きょうだい検定による受精卵を移植。種雄牛への近道かな? | トップページ | osclass 導入後、管理画面に戻る方法。 »

2015年10月17日 (土)

団 と 臣 そして式 のセリ市でした。

10月15日は都城セリ市初日で2頭、17日に1頭の出場でした。

まずは団。
日齢271、体重284kgで、セリ値624千円で、県南の方にご購買頂きました。
血統的にも、体格的にも、一癖も二癖もある当牛ですが、よろしくお願いいたします。
マニュアル審査は該当せず。測尺結果は、胸囲157、腹囲193、栄養度4で、300kgに届かずで残念でした。
血統は、丸宮照×福桜王×日向国×安平

次に臣。
日齢291、体重248kgで、せり値543千円で、その後いろいろあって、結果都城地元に残ることになりました。純な但馬を狙っての交配でしたのと、初産ということもあり増体が難儀しました。
ですが、コンパクトな割にしっかりした体格ですので、これから伸びてくるのではと期待しているところです。ご購買ありがとうございました。
マニュアル審査は該当せず。測尺結果は、胸囲145、腹囲178、栄養度4でした。
血統は、福安照×茂勝×安福165の9×紋次郎

2頭とも、平均体重300kgには届かなかったのですが、血統的な面もあるのですが、ちょっと残念でした。エサの食い込みは両方共に良好なのですが、お腹が弱い傾向にあり、エサの増量と体調の狭間で行き来していた時期がありました。エサの選定にも改善の余地もあったのではないかなと反省しているところです。
やはり牛飼いは難しいですね。


続けて10月17日
式のセリ市。
日齢270、体重284kgで、584千円で、鹿児島の方にご購買頂きました。
古い血統にもかかわらず、ありがとうございました。
予想では300kg程と思っていましたが、やや足らず、ボリュームに欠けましたね。
お腹の調子も良かったので、いい伸びと思っていましたが、今一つ不足感があったようです。
おかげで、こちらもマニュアル審査は該当せず。測尺結果は、胸囲154、腹囲188、栄養度4でした。
血統は、福桜×安福165の9×紋次郎×糸光◆
この母牛「たかもり」も15才となり、相当な高齢牛となりました。
種雄牛も「福桜王」、「茂勝王」、「安平王」と輩出しがんばってきましたが、前の2頭は精液の供用前に口蹄疫で殺処分となり、安平王がなんとか今年から供用されるところまで来ました。
ですが、宮崎の種雄牛情勢は、新規種雄牛による勢力争いの中にあり、繁殖現場では増体系に舵を切る動きが大勢を占めています。なので、肉質の期待される但馬系には大きな試練の中にあり、安平王も厳しい状況にあります。
この空気を変えることができるのは、今年の12月~後代検定の結果が出ますので、この時だと思います。このまま埋もれず頭を出していけるよう、いい結果が出ることを期待したいです。
この結果に先行して、我が家からは11月セリにメス1頭出場し、そして結果後の1月に去勢を出場させる予定です。2頭とも腹容のしっかりした背線のきれいな子に出来上がってきてますので、どんな結果であれセリ市が楽しみです。なんせ、自家生産の種雄牛の産子をセリ市に出せるんですから、感慨深い我が家のニュースの一つになりますです。
それで、「たかもり」ですが、現在勝平正を受胎中。これが最後かと思いつつ見守っています。そんななか、横になっているうちに起きあがれなくなって死にかけることが、今年は2回もありました。もう目が離せない毎日です><

P1120565
P1120567
団、丸宮照×福桜王

P1120559
P1120560
臣、福安照×茂勝


P1120571
P1120573
式、福桜×安福165の9

« きょうだい検定による受精卵を移植。種雄牛への近道かな? | トップページ | osclass 導入後、管理画面に戻る方法。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/62481893

この記事へのトラックバック一覧です: 団 と 臣 そして式 のセリ市でした。:

« きょうだい検定による受精卵を移植。種雄牛への近道かな? | トップページ | osclass 導入後、管理画面に戻る方法。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ