« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月18日 (月)

たかもり の出産2016

たかもり の出産でした。
無事、元気なオス。まだ、種牛を造るってか!?

H12年生まれの たかもり ですが、1月17日の明け方に無事産んでくれました。高齢出産ですねー。今回で産歴は14産、間に採卵しているのを考慮しても大したものです。今年は7月で16歳になりますね。

お産はさすがにベテランだけあって、前産の時もそうだったのですが、一気産みってやつで、産道に乗ったらすぐに自力で産んでくれました。何か産むコツみたいなのがあるかのようです。でも、今回心配していたのは、お腹の膨らみが尋常じゃなかったので、もしや双子とか良からぬ事故とか頭をよぎりましたが、そのまま落ち着きました。子も元気ですぐに立って、1時間後にはゴクゴクやってました。やはり安産なのは楽ですね。皆がこんなであってほしい。

今回産まれた子は、50kg程のオスでした。こんなの我が家では見たことが無いです。そんなに頑張って大きくしてお産をきつくしなくてもいいのに、と思いつつ有りがたいですね。高齢になるにつれ小さくなるのかな?とずーと思っていたのですが、年齢と産子の大きさには関係は無いのですかね。
血統は、勝平正×安福165の9×紋次郎×糸光◆
たかもり と やすみ さんとのタッグですね。いつかやりたいと思っていましたが、希望がかないました。

さあ、今後どーしようかなw~(のーぷらん)

12573084_606969359468512_5581956496
産んだ直後だけど、後ろ足の具合とか見てると、まだ違和感があるような様子がうかがえて、ちょっとドキドキしてました。何もなかったけど。ちょっと肥えてるのはご愛敬w


12417936_606969369468511_1288864147
いい顔つきです。人懐っこいです。ちょっと前ひざが、まだうまく動いてくれません。
耳ちっちゃい。


12573103_606969382801843_8787665835
元気に走り回ってます。

2016年1月15日 (金)

所 のセリ市でした。

2016年最初の都城セリ市の初日、「所」のセリ市でした。

結果はまずまずで地元三股町の方の購買でした。
日齢260、体重300kg、セリ値785千円という高値でのご購買、いつもありがとうございます。
併せてマニュアル牛の測尺もしてもらいました。
血統は、安平王×美穂国×福桜×上福

胸囲155、腹囲181、栄養度4として,概ね300kgとしながらも、残念ながら不合格でした。もう少し腹回りの出来と、栄養度が高ければよかったかも。でも、その時はオーバーで別の意味で大きすぎてダメだと思うけど。

因みにセリ全体の結果は
1日目結果(売却/税込)
雌150頭 平均731,678円、
去196頭 平均812,281円、
計346頭 平均777,337円 ですので、十分平均より高値でした。
それと、この子は去勢後1週間ほどの時、玉玉が再生してるのではないか?と疑われる事態になり、獣医に確認をしたことがありました。
普通なら触ってみても何も無いことが分かるのですが、この子の場合コリコリとした玉状のものが有る。
もしや!と思いましたが、診断の結果たまに腫れることがある、ということで暫くすると無くなるということでした。
結果、2週間ほどで柔らかくなり、1カ月ほどでほぼ確認できなくなりました。 再生することもあるらしいと、巷(FB)で噂を耳にしていたので心配していましたが何事もなく良かったです。

と言うことで、玉玉の件もクリアし、安平王の去勢も十分300kgレベルになることも証明できましたし、無事今年のセリ市を終えることが出来ました。

10151156_605928382905943_8605434822
欲を言えばもう少し肉付けがほしい

10653536_605927956239319_2219824201 
玉玉、異常ナシ!
12552674_605927929572655_5026442408
安平王の額章付けてもらってます。

2016年1月14日 (木)

osclass で「Please Select A Country.」と出る場合の対処。

広告を投稿しようとしても、「Please Select A Country.」と停止する。

理由はよく分かりませんが、不具合のようです。Forumが言ってます。
設定のロケーション(AdminPanel>GeneralSettings>Locations)に、日本のみを登録している状態で、広告を投稿する際、国選択>日本(Japan)とするが、停止してしまいます。

対処法は、Forumのココ


http://forums.osclass.org/general-help/select-a-country/

内容は
/oc-content/themes/osclasswizards/item-post.php    を修正する。に

※(テーマをbenderにしているひとは、osclasswizards=>bender によみかえてください)

この行を削除

<?php ItemForm::country_select(osc_get_countries(), osc_user()); ?>


この行を追加
    <input type="hidden" name="countryId" value="JP" />
一応これで、選択は無くなり、日本が固定されたと思います。
Forumとは若干違いますが、動いております。
いやいや、選択したいんだ!という方は、以下のようにするらしい。試していません。


<input type="hidden" name="countryId" id="countryId" class="valid" value="JP" />


米のまち、運用中です。
2_2
http://kome.usicafe.jp/

2016年1月 4日 (月)

観察してて分かること、授乳。

年末年始にかけて、気をもんだ「すうぱあせる」のお産ですが、母子ともにその後順調なようです。

気になっていたのは、お乳の出です。
初産というのもあって、お産前に何度もお乳を触っていたのですが、なかなか張ってこず、予定日の一週間前位から、ようやく膨らんでくるのが分かったぐらいです。「間に合った!」みたいな安心感はあったのですが、でも出るのかな?

やはり、最初は出が良くないようで、子が何度も突き上げてるのが観えました。明らかに足らないんでしょうね。吸うことで出は良くなるんだと思いますが、これが不足するとなると子の成長にも影響が心配されます。初産の子が小さいというのは、この辺のことも一要因としてあるのかもしれないですね。

ですが、その後変化がないわけではなくて、明らかに変わってきたのが、母牛の飲み水の量と、子のオシッコの量です。
我が家の分娩室の飲み水は、35Lの桶で飲ませています。母牛はこれでのみ水を補給するのですが、分娩直後位までは、1日で1/3飲めばいい方でしたが、ここ最近は半日で全部飲み干します。お乳を作るのには飼料からの栄養が必要ですが、それだけでは水分は確保できないので、やはり水も必要です。その飲み水の量が明らかに増加しているので、作られるお乳の量も、増加しているものと思います。

そして、もう一つは子のオシッコの量です。増加しています。
今回女の子なので尚更よく分かります。
牛はオスとメスでは、オシッコの出方が全く違います。オスはお腹の真下のヘソのところに出口がありますが、チョロチョロ~っと滴るように長い時間をかけて出します。飽きるくらい長いです。
それに対しメスは膣のところに出口があり、ジャーっと一気に出します。なので、メスはこのジャーの秒数を数えることでどれだけ水分を摂ったか分かりますね。
今回見てると、お産後数日は一瞬ジャーっと出て終わりだったのが、今は10秒くらい数えるくらいになっています。
子は特に他から栄養も水分も摂れなくて、母牛のお乳からのみ摂取するので、これらを観察することで、お乳の出が増加していることを推測できます。

やはり成長も気になるところで、人工乳もチラつくのですが、お乳を鍛えるのも、初産の子の役目でもあるでしょうから、いっぱい吸って吸って吸いまくってもらいたいと思っています。

1923758_601875936644521_37877723008
青い桶、ほぼ満水からの空っぽになります。
ウオーターカップにする予定もあるんですけどね。


580347_601875946644520_134921988698
オシッコの様子、「見たわね!」


1937082_601875959977852_18669524712
オシッコの後は母牛が舐めてくれるんですよね。キレイ好きなんです。

2016年1月 1日 (金)

すうぱあせる の出産2015、子宮脱そして育児拒否

年末の27日に、すうぱあせる が出産してくれました。
元気で40kg程の大きな女の子でした。
血統は
安平王×美穂国×福桜王×日向国×安平
王で戻してみた子で、王達の力を期待して「おうらばとら」にしました~

すうぱあせるは、2014年に自家保留した子で、今回が初産。
体高の出る家系なので、美穂国で更におおきくなり、母体として今後が期待な子です。
そこで、今回初産に安平王を選択、産まれた子が狙い通りでした。

お産も心配しましたが、自力で産むことができ、安心したところです。
もともと和牛は多産の特徴があるので、確実に自分で産むことを繰り返しておくことも、後々遺伝的能力を維持していくためにも必要かなと思っています。
でも、事故はダメですので、ポイントごとのチェックは確実にしますけどね。

産まれたは良かったのですが、母がなかなか起き上がらずしんどそう。タオルで拭いていると、いきみだしてまた中から何やら出てきそう。「双子か?」と思い、手を入れてみても何も手に触らない。子宮脱の予感がして、至急共済に電話して獣医依頼。
まだ出てきてないので、町の指定ごみ袋を敷いて汚れないようにしてると案の定出てきました。
獣医にて、即整復してもらいました。すんなり入って、いきまないので縫合しようかしまいか悩みましたが、安全をとって縫合してもらいました。これまた案の定、深夜にいきんでました。残った後産を出したいのもあるようで、必ず縫っておくべきと実感しました。

そして今度は育児拒否。産まれてすぐに子宮脱の処置をしているので、子は隣の部屋で小一時間は隔離。母も安定してきたので子を入れてやると、初産ということもあり戸惑いが隠せずうろうろして、舐めもしませんでした。子は飲みたいので、母をつないで抑制してやると、何とか初乳は飲んでくれました。少し足で蹴るのですが、まあ大丈夫でした、この段階では。
子宮のこともあるので今夜は監視と思い、カメラで映像を時々のぞいてみると、お乳を飲もうとする子を角で小突いたり押しやったり。飲ませる気は無さそうなので、再度つないで飲ませるを繰り返しでした。一時は子も怖がり、ヤバそうな局面もありました。もし、このまま拒否し続けるのであれば人工哺乳だけど、初産からそんなのしたくない。人による哺乳に比べれば、母牛による24時間監視のもとでの哺乳は効果絶大なので、心を入れ替えてもらうことに掛けて、母牛による哺乳を介助することに。
やはり、お乳を飲ませることで、母性本能に火がつくことってあるんですね。子がお乳をおねだりしても起きなかったのが起きだし、丸々1日舐めなかったのが舐めだし、哺乳を自分でするようになってきました。これで一安心といったところです。
ただ、若干貧乳なので、なのかどうかは分かりませんがw、お乳の出は少ない様子。子に鍛えてもらうよう頑張ってもらいたいと思います。

といったことで、年末出産から元旦の本日、縫合を外してもらい無事処置が完了しました。
種付けが心配ですが、母子ともに現在元気にしています。

今年も無事、子牛を生産できるよう願いたいものです。

10363125_600885426743572_7358162098
とてもこんな平和な感じではなかったです。よかった良かった。


8140_600886523410129_66997654031831
仲良し親子になりました。


1933977_600885436743571_69175799397
点滴のチューブで縫合してあります。
後産の残りが出きらず垂れ下がっています。見にくくでちょうどいいですね。

この後、全く動かず子宮脱へといきました。
子はタオルでずーと拭いてました。結構きれいになるもんです。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ