« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

観察しててわかること。お産前の行動。

最近よく感じるのは、お産前になると甘え牛になること。

特に、2週間前位になると、産室に入っていくと必ず寄ってくる。何かと思ったら、頭を下げて撫でてくれ~って合図。見た目にはこのまま壁に押し付けられ大ケガしそうな図で、角もあるのがいるので尚更。ですが、非常に落ち着いてるのが分かるので、頭から首から肩の付け根をスリスリしてあげると、深い呼吸になってイイ気持なのが分かる。

この頃になると、お乳も膨らんでくるのが分かるので、背中からお尻からスリスリしてあげ、お乳の張り具合もみてあげるようにしてる。この頃から非常にカチカチでパンパンになってくるものもいれば、まだゆるゆるの牛もいて、アレ?って気を揉むこともあるんですけどね。

我が家にも、ギラギラとした牛がいてて、お産後にはとても産室には入れないのがいます。その牛の時は産んだ後も放っておきます。過去に子牛に手を出そうとして突き飛ばされてイタイ目にあいましたのでそうしてます。
そんな牛でも、お産前になると、優しくなるんですよね。他の牛と同様に撫でてくれって来る時があります。ギラギラ感は無くなっているので大丈夫なんですが、やはり甘えたいんですかね。

どうも、この2週間というのがスイッチが入る時期なのかなと思ったり。一応2週間というのは予定日前のことで、実際のお産は予定日を超えることが多々あるので、あくまで私が感じた目安。
この頃から、お乳の張りや、食欲の減退が外見的に見られ、そして「甘え」みたいなものが感じるようになります。
これが、母性本能のスイッチが入ったことなのかなと、最近思っています。

産まれる子を安全に育てるために、その群れの中の長(私?)に、「そろそろ産むから守ってね♡」と合図しているようにも見えますね。

12417750_640391649459616_6858087984
産室に入る前からそわそわと待っている。早く来いと。



12524390_640391662792948_4773009209
広い背中をスリスリ~

2016年3月19日 (土)

安平王のセリ市状況2016/03

平成27年11月から上場しだした「安平王」ですが、その進捗状況を見てみた。

平成26年4月から、種が供用開始された訳ですが、昨年11月から順次セリ市場へ上場され始めました。
恐らく、他の市場での供用はされていないと思いますので、ほぼ都城家畜市場のみでしょう。(ある意味独占><)

というわけで、11月~3月の実績を集計しました。
合計42頭、去勢20頭、雌17頭、自家保留雌5頭です。

性別、日齢、体重、 セリ値(税抜)

去勢、288、282kg、703千円
メス 、289、279kg、666千円 
合計、285、284kg、686千円

という結果でした。

母牛の血統別に並べてみましたが、これと言って大きく偏るようなことは無いようです。
あえて、あげるとすれば、やや福之国との交配で増体がいいのかなという感じです。
まだまだ個体数が少ないのもありますが、今後もう少し特徴が出てくるのかもしれません。

ですが、考えようによっては、どの母牛に付けても、日齢体重くらいになるという期待感もあります。
何か、この牛の頑固さを感じますね。

下に、宮崎県畜産協会が集計した2月度の「種雄牛別セリ結果」を貼りました。
月での上場頭数としてはまだまだですが、ここに名前が載ることがうれしいですね。
ここで、1日増体量が集計され、0.90 と出ています。
生時体重30kgを引いて日齢で割った数字で、去勢もメスも日齢も関係なく、この数字が出てきてるのは、かなり安定した成長かなと思います。

血統が、安平×安福195の9×紋次郎×糸光◆であり、

気高系のような増体量は期待できませんが、準但馬として強い意志を感じますね。
安平の若かりし頃の能力が、再び発揮できるのかもしれません。
因みに、交配に使用したストローは「H5.5.11」採取のもの。
安平は平成元年(なつかしい~)生まれですので、若くピチピチしている時のですね。
順次、肥育へとステージを進めていった先発のこの安平王産子らには、いやいや言わず頑張ってほしいところです。
ご購買頂いた肥育農家さん、よろしくお願いいたします。

<参考記事>
宮崎県家畜改良事業団安平王検定結果
安平王の検定結果が出ました。

雌の検定結果H28.2.17
6頭、枝重462.4kg、ロース芯72.2㎠、バラ厚8.1cm、皮下脂肪4.0、歩留基準74.9、BMS7.5と出ています。


H27年11月~H28年3月都城子牛セリ市集計結果(税抜き)
21

◆宮崎県畜産協会が集計した、2月度の「種雄牛別セリ結果」
1915102_1682814395330894_31005402_2
1日増体量の0.90は立派です。


10262071_631918600306921_1004392000

2016年3月17日 (木)

くうう のセリ市

3月15日は、「くうう」のセリ市でした。

血統は、安平王×勝平正×福之国×安平

測尺は、体高114、胸囲152、腹囲179、栄養度6で、マニュアルは不合格。
ですが、セリ結果は、
体重 269kg、セリ値 711千円、日齢284と、かなりの高値でご購買頂きました。
大変ありがとうございます。
今度は三重県に行くこととなりました。

三重県と言えば松阪牛。安平王も松阪牛のお手伝いが出来ることになるとは大変うれしいですね。今後も安平王が後に続いて行ってもらえるよう、「くうう」にはがんばってほしい。

とはいえ、我々繁殖農家はブランドを持ちません。ノーブランドですね。
OEM子牛市場として、どちらのブランド牛にも対応できるような、元気な子牛を生産できるよう、子牛を作り上げるのみです。

高値である今こそ、肥育期間に耐えうる身体と体力と内臓を、そして繁殖母体として求められる身体作りと性格面を、育成していかないといけないですね。

1915125_630707897094658_34833319720


12801131_626891344142980_3115386116

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ