« きさき のセリ市 | トップページ | 花豆の栽培2015(その1) »

2016年4月20日 (水)

口蹄疫から6年。

あれから6年、早いものですね。

日々、広がる感染と殺処分の数に落胆し、もう終息しないのではないかとさえ思えました。
あらゆる関係者の犠牲とご協力により、終息したことに感謝するばかりです。

昨年の年末、県の家畜改良事業団より「お知らせ」が届きました。
終息から5年目で、慰霊碑を設置したとの案内でした。
丁寧に埋葬され、「福桜王」と「茂勝王」が、そして他の高、能力な種牛たちがそこに眠っているんですね。何とも言えない虚しさがこみ上げてきます。
でも、私ら生産者以上に日々世話をされていた事業団の方々も、辛い慰霊碑だろうなと思います。私が「あの子ら」の様子を思い出すように、事業団の方々も動きやしぐさ等を思い出すのは、同じだろうなと思います。
いつか「あの子ら」に会いに行かないとね。

P1120935
それぞれ特徴のある子らでしたね。

P1120932
とても丁寧に埋葬されていてありがたいです。


P1020786
この子も一緒です。「安平」号。あなたの子らはまたまだ頑張ってるよ~

« きさき のセリ市 | トップページ | 花豆の栽培2015(その1) »

口蹄疫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/63513703

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫から6年。:

« きさき のセリ市 | トップページ | 花豆の栽培2015(その1) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ