« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月17日 (金)

宮崎県家畜改良事業団の火災の件、続報

先日、宮崎県家畜改良事業団の火災について投稿しましたが、HP上にて「お詫び」文が掲載されました。

原因は、電気コードの不具合の可能性が大であること。

種雄牛には、影響は無かったこと。

併せて、採精業務にも支障が無く、精液供給にも問題が無いこと。

等が報告されています。

そして、今後防火対策、セキュリティー対策、防疫対策を徹底されるとのことです。

これを機に、総チェックして頂いて、世界一の種雄牛造成と精液供給基地にして頂きたいなと思います。

宮崎県家畜改良事業団HP
http://www.mwia.or.jp/

2016年6月16日 (木)

「弓」の種牛への道1

なんか久々です、種牛候補の巡回を受けるの。
昨年、候補の予定だった子を死なせてしまったので、なんとかここまで来れて、再スタートが切れた感じがします。

6月14日検査を受けるのは「弓」で、「このみ」の子。

H28年2月17日生、約4カ月齢、8産目。

血統は、勝平正×勝忠平×紋次郎×平茂勝。

かなーり人懐っこい子で、何されてもイイみたいな、ドーンとした子です。

今回も、JAと宮崎県家畜改良事業団とで検査されていました。
登録協会は今回はいらっしゃらなかったですね。

いつも通り、体高、胸囲、腹囲を測尺し、体型、被毛、皮膚、お乳、口の中、等を検査されました。測尺結果は、

前高102.2、後高101.4、胸囲120、腹囲137

成長度は2.3σで、なかなかいい感じかなと思いますね。

エサもよく食べていてお腹の調子もいいみたいです。
栄養状態もいいと思うのですが、まだ真っ茶っ茶ですね。
今日の結果は後日知らされると思います。
この後離乳で体調を崩さないようにしないといけないと思っています。

なんとかこの勝忠平母体で、種雄牛を誕生させたいなぁと思いますね。
次もお腹にもう入っていますけど、同じように元気なオスが産まれてくるとは限らないですからね。
種牛造りも、一期一会ですから。
P1120988
今回は2人で検査。弓はなされるがままに立ってます。
最近は感情の起伏が無いので、「ぽやん」と言われています。(私から)


P1120983
茶色いっすね~、まだらだし。


P1120984
意外としっかりしてます。


P1120985
腹づくりはこれから。順調ですね。


P1120986_4
ハイ、検査中もいい子でした。

2016年6月 9日 (木)

宮崎県家畜改良事業団高鍋センターの火災

2016.6.7 夜、種雄牛を管理する宮崎県家畜改良事業団で火災が発生した。

発生場所は高鍋センター内の管理棟で、職員用の食堂や休憩所に使っている棟らしく、隣接する種雄牛の入っている棟には、幸い延焼はなかったようです。
職員にも種雄牛にも影響なくて、とりあえずは一安心です。

ですが、8日付の宮日新聞によれば、午後9時40分通行人からの通報で判明し、当時職員はいなかったとなっています。
県(正確には社団法人宮崎県家畜改良事業団)の施設で、火災発生時に、
自動通報もなく?、
スプリンクラーも動作せず?、
職員も常駐せず?、
全焼って、よく理解できない???。

口蹄疫であれだけの種雄牛を失ったどん底から、県民みんなでやっとの思いで新たな種雄牛を造成してきたのに、この管理の甘さを感じずにはいられない。
まさか、「分散管理してて半分は残ったので良かったね」、なんてオチにもならない話にだけはしないでほしいですね。

今回の原因を究明し、危機管理にホントにもう穴は無いのか再点検し、今後の対策を立てて実行してほしい。
ホームページへ、この経緯を随時掲載されることを望みます。

Photo

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ