« おにおん と 州 のセリ市でした。 | トップページ

2018年12月 1日 (土)

れれ の登録検査

「れれ」の登録検査がありました。
本原登録82.6点でした。

牛は血統管理されていますので、繁殖を行うには今回の登録検査を受け、血統書を発行してもらう必要があります。
検査に合格することで子牛を「黒毛和牛」として生産することができるようになるんですね。
その中で、個々の牛について測尺し審査してその結果を数値化します。
その数値が「登録点数」として血統書に表示されます。
概ね80点台~83点台で、今回82.6点でしたのでまあまあいい方でした。
我が家のボスであり基礎牛にもなった母の「このみ」が82.5点でしたので、微増できました。

因みに、JAの牛に詳しい方と話していたんですが、やはり点数の高い牛ほど多産性があり、牛がしっかりしてて産歴を重ねても崩れないと話をしてました。
「牛は肩で子を産む」と言うくらい、肩付きのいい牛は立ちに無理をしないので、繁殖に能力を発揮できるのではないかなと話が一致したとこでした。
登録点数って数字だけが独り歩きしてて意味があまり無いように思えますが、最近私は登録点数の事を、
「将来へ残すべき牛」の評価点と理解してます。
もう少し、登録協会はこの登録点数の意味を、伝える努力をすべきではないかなと思いますね。

今回「れれ」の登録検査にあたりBL感染防止の観点から自宅検査を要望し断られ、8月の予定を延期し、この11月に受けました。
  前記事「BLV(牛白血病)登録検査や共進会等集合はいかがなものか

お産の予定が1月1日と言う事もあり、お産まで1カ月と迫っていましたので心配しましたが、とりあえず無事に終わりました。やはり、「れれ」にとっては初めての車に乗っての移動でしたし、見知らぬ所、見知らぬ牛達人達に囲まれるので、相当ストレスがあったことと思います。
とりあえず無事でよかったのですが、BLもそうですが登録検査自体も牛達にとっては大変なイベントだなと思います。

結果ですが、
測尺は、体高133cm、体重565kg、栄養度7、胎内「安平王」受胎
血統は、耕富士×勝忠平×紋次郎×平茂勝
登録点数は、82.6点 本原登録、7千円也でした。

46710013_1213761782122597_902352585
133の体高はやはり大きいですね。


47120424_1213761842122591_364270698
お尻に少しぽっちゃり感が。


46810547_1213761892122586_191799216
お産前なのでお腹もかなり。


46951627_1213761808789261_257566634
コロンコロンしてますね、あまじし(イボ?)

« おにおん と 州 のセリ市でした。 | トップページ

」カテゴリの記事

コメント

登録審査御苦労様でした。文面からは、かなり大きく(22-23か月齢ならに 日本飼養標準発育上限値)、体型も優点が多そうに思います。当地域(鹿児島県の点数の出現率に似ていると思う。)であるなら84.0点前後はもらえそうな気がします。やはり宮崎県は点数に厳しい地域と思います。繁殖素牛を他県から導入することの多い地域では、購入時は、血統、本牛の発育及び体型、母牛の点数(購入する子牛の発育体型が遺伝的なものか確認)がチェック要素になります。審査得点が地域によって違うことがあるとわかって考慮するにも点数の価値が下がってしまいます。
今年我が家の牛が高等登録審査を受けたとき本所から来た審査員 にこのことと(基本本原登録)登録牛の点数の中央値を聞いたところ、「点数は全国的に差はない。中央値は82点台後半と思う」との回答だったと記憶しています。
そのとき受けた牛の暫定点数が83.6でした。この牛は我が家では体型は背も肩も比較的きれいですが、体型発育は中程度の牛です。点数も基本本原登録時からわずかに伸びた程度でした。
話は変わりますが、いぼは、パピローマウイルスによる感染症で吸血昆虫が媒介するので早く治療した方が良いと思います。治療といっても当地域では一番大きいいぼの根元を糸で縛って血行不良にして落とす(きつく縛ったときにとれることもある)というもので、親玉のいぼがとれればその他のいぼもなぜか消滅するようです。パピローマウイルスによるいぼには乳頭にできるたちの悪いタイプ(少なくとも本州では乳牛にでていて搾乳に支障を来している)もあるのでご注意を。

>脱サラの牛飼い さん
登録点数には色々憶測が飛んでいますねw
基本的に絶対値と聞いていますが、どう見ても比較審査。
そして、それも地域性があるとかないとか。

とりあえず、地域の中でどの位置にいるのか分かればいいのかなと思っています。
それに血統がモノをいう時代になってますので、大きく値段に影響もしないので目安ですね。
それより、測尺数値が意味するところをちゃんと教えてほしいですね。

いぼは最初小さかったのですが、だんだん成長してきました。
見ての通りぶらぶらしてるので、時期に取れると思っていたんですが意外にしつこいですねw
というか、見て楽しんでたというのが正直なところw
他へうつると言う事であれば取らないといけないですね。
参考になりました、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212652/67433015

この記事へのトラックバック一覧です: れれ の登録検査:

« おにおん と 州 のセリ市でした。 | トップページ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ