« 「福桜王」が枝肉共進会に。 | トップページ | にじ のセリ市 »

2019年7月10日 (水)

九州南部豪雨2019年7月3日記録された雨量(リアル雨量計)

梅雨半ば、九州南部は梅雨前線の停滞で豪雨にあいました。

実際に各自治体から避難勧告、避難指示が出される事態になりました。

 

これはその時の実際の記録です。

豪雨が予想されたため、避難の目安になるかと思い、実際に自分の家でどれくらいの雨量になるのか記録して見ました。

というのも、むかーし子供の頃、

「外に出した牛乳瓶がいっぱいになったら避難するんだよ!」

と聞かされていた。でも、瓶て口小さいしなぁ、と思っていた。

なので、今回もっと分かりやすく深さ20cm(200mm)のコンテナを置いてみました。

まさかこれが一杯になるなんて・・・なりました。

7月2日夕方は小康状態でしたが、今夜から記録的な雨になるとニュースでも言ってて、レーダーも真っ赤な雨雲が連なって迫ってくるのが見えてました。

(雨雲の様子はリンクで見られます。tenki.jp)

なので、ここからコンテナを置いてスタート、雨量を記録してみました。

 

 

結果は動画の通りで、トータル350mmを記録しました。2日夕方から4日朝まで。

何があってもおかしくない状況でしたが、我が家も近隣も幸いにも大きな災害はありませんでした。

 

今回のように、実際に我が家の雨量を計量してみるのもいいかと思います。

ニュースでは特に多い所だけを強調して報道しますので、実際の身の回りで何が起きているか分かりません。

最近は避難を促すため、「避難スイッチ」という考え方が広まっていますが、自分の家で雨量を見て、「何ミリ溜ると避難する」と決めておくのもいいのかもしれませんね。

我が家の雨量計、「リアル雨量計」イイかも!

 

 

 

« 「福桜王」が枝肉共進会に。 | トップページ | にじ のセリ市 »

動画」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

九州南部豪雨2019」カテゴリの記事

コメント

雨量にも、色々とあるので、判断が難しいですね。
kawabataさんのリアル雨量計には、時間軸がないので、時間が分かるように(例えば、降り始めからの経過時間が分かるように防水の時計を併設するとか)しないと、積算雨量は意味をなさないかもしれません。
例の牛乳瓶の話、こちらでも、小学校の先生から聞いたことがあります。
しかし、確か、”1時間で”が条件にあった気がします。無論、1時間で200mmなんて、雨量なら、牛乳瓶がかすんで見えないでしょうけど。

>Cowboy さん
時間雨量という意味では使えないですね。
積算雨量のいいところは目で見てわかることですかね。
ややこしくしているのは報道で、特に目につくところだけを強調するので、実際はどうなのってところは分からなかったりします。
まあ、今回やってみたことで、自分の所を知るきっかけになるなと思いました。
情報は自分で取りに行くことが大事かなと。
牛乳瓶は田舎伝説でしたね。あてになりませんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「福桜王」が枝肉共進会に。 | トップページ | にじ のセリ市 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ