« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月23日 (木)

BLV(牛白血病)県はリスクがあると認めています。

昨年末、令和元年12月に宮崎県のHPにある「県民の声」に、ある回答が掲載されました。

  「BL(牛白血病)対策について

これは、えびの市の和牛繁殖農家さんの提言に対し回答されたものです。

  「R1年12月期子牛競市 ~総括~

提言(抜粋)

 「共進会などを介してBLV(牛白血病ウイルス)が拡散する可能性がある。」

に対し回答(抜粋)

 「共進会やセリ市場などの家畜を集合させる行事につきましては、ご指摘のとおり、疾病の伝播に関して一定のリスクが存在しております。

と回答しています。

集合させる行事は、BLVの伝播に一定のリスクがあると判断しています。

これは恐らく、初めて行政機関が認めたケースではないかと思っています。

この判断に至るには、県の家畜防疫対策課防疫指導担当が、県内家畜保健衛生所の3所とも協議して

回答しているものと思われます。

ということは、昨年10月2~3日で小林市で行われた県畜産共進会も、各地区の郡の品評会も、

そして登録検査も同様に牛が集合する行事の為、県は感染のリスクがあることを承知の上

ということになります。

本当にこれが防疫というのでしょうか?

責任の所在はどこにあるのでしょうか?

損害を受けるのは農家なんですが。

 

じゃぁ、今後どうするのか?

全共もあるが関係機関と協議して・・・今度も無策で農家にリスクを負わせるのか?

 

以下、県民の声に掲載された「BL(牛白血病)対策について」のスクリーンショットです。

Blv1206

2020年1月19日 (日)

牛白血病(BLV)登録検査を自宅検査へ(その7)。

今回再度の要望をした。

  (前回令和元年9月19日の県との電話で、再度要望をとの提案のため)

令和元年11月12日に

「BL清浄化した農場の自宅登録検査の再要望について」JAの畜産担当へと提出し説明した。


11月28日に回答があった。

(JA担当)

  要望には応えられないということだった。

(私)今回はどこで判断されたのか。

(JA担当)JA課長と畜産部長とで判断し留めた。

(私)では、もしも感染が判明した場合はJAが賠償するのか?

   登録検査の主催は登録協会なのに、登録事業の方針判断をJAがするのは筋違いではないのか?

   ならば、直接登録協会と話をしたいので繋いでほしい、と要望した。

 

年が明けて

令和2年1月6日にJA担当に催促をした。

(私)その後返事がないがいかがか?

(JA担当)説明はしましたが何もありません。

   ただ、年始のあいさつ時に、今年はBLに取り組むと説明があった。

(私)2月の登録が30カ月未満のリミットになる。

   また、その子牛も3月が生後6か月未満の期限になる。

   失効するつもりは無いので協議する旨伝えてほしい。

(JA担当)了解、伝える。

 

とし、現在に至る。ほぼ放置状態。

JAではなく農業協同組合の役割って何なのか疑問になる。

農業者が利益を上げるために農業者が出資して設立された組織のはず。

農協の「理念」をもう一度見直してほしい。

1_20200119202901

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ