カテゴリー「パソコン・インターネット」の2件の記事

2020年7月 3日 (金)

Amazonでチャットによる問い合わせ。履歴の確認方法。

Amazonで購入することが度々あります。

そうするうちに、注文と商品とが違ったり、いろいろなトラブルが発生し、問い合わせすることが必要になってきます。

そこで用意されているのがチャット機能。

電話と同じく一対一ですし、記録が残るのでおススメ。

ですが、終了後間もなく閉じてしまい、記録を残したり、印刷、スクショする暇もありません。

履歴を探すも見当たらず、他の方のブログでもチャット後見れなくなるとされています。

(Eメールでチャットの内容を受け取れる、と他の方のブログでは見掛けますが、そんな選択するところは見当たらなかったような。)

で・す・が

再度チャットルームへ入り、問題の商品を選択すると、チャットの内容が見れるようになります。

私は記録を残したかったので、チャット内容を全て選択コピーしてWordに書式込みでペーストして、印刷しました。

なので、チャットの履歴を見たい場合は、再度チャットに入り直してみてください。

 

ココから入ります。簡単なAIによる質問の後、担当者が出てきます。

59

 

これは再度上の画面から入り直して、問い合わせ商品を選択した内容を、Wordで印刷したもの。

106695945_1697555363743234_5398335808942

 

【追記】

チャットの終了後に、今回の対応内容についての簡単な評価が求められ、その下に自由記述欄があるので、

「チャットの内容を確認したい」と書いていたら、以下のメールが届いた。

これでも印刷しておくとイイですね。

 

107333690_1697569497075154_8153012960817

Amazonの対応はいいですね。

 

 

2014年12月 9日 (火)

GoogleのカスタムURL変更は、前URLを引き継ぎます。

Googleよりメールで、「カスタムURL」への変更を案内された。

URL変更の対象は、「Youtube」と「Google+」で、希望の任意のURLに変更できるらしい。
(但し、ある一定の条件を満たしている場合らしい)

-------------------------------------------------------------

kawabata49 様

YouTube チャンネルと Google+ プロフィールに簡単にアクセスできる独自の Google カスタム名がご利用いただけるようになりました。次の名前をご用意しています。

youtube.com/c/kawabata49
google.com/+kawabata49
この URL は、ウェブサイトやメールなどであなたのプロフィールやチャンネルを宣伝する際に便利です。

URL は今すぐ取得することをおすすめします。
YouTube のコミュニティが拡大するにつれ、一般的な用語や無関係なブランド名を使用した URL を取得する問題が見られるようになってきました。Google ではこうした問題を減らし、公正かつ平等な方法でより多くのユーザーがカスタム URL を取得してその恩恵を得られるようにしたいと考えています。カスタム URL について詳しくは、こちらをご覧ください。

開始するには、下の [URL を取得] ボタンをクリックしてください。
URL を取得よろしくお願いいたします。

YouTube チームおよび Google+ チーム

-------------------------------------------------------------

確かに、どちらも最初は英数の並びなので分かりづらかったのですが、名前などの任意のURLを指定できる。

因みに私の変更前URLは、

[Youtube]
https://www.youtube.com/user/kawabata49

[Google+]
https://plus.google.com/u/0/107563019271311008766

で、Youtubeは数年来使っていて、実名への変更案内を無視し、このURL(名前)で通っている。Google+は最近なので、数字の羅列で分かりづらいです。

しかし、今のURLでリンクを張っているところは多数にあり、変更するとリンク切れを起こして、ご迷惑をおかけするのでないか?と躊躇していました。
なので、あちこち検索かけて、変更前のURLの扱いについて書かれている本家のHelpやサイトを探しまくったけど見当たらず、結局一か八か。

変更した結果は、以下の通り。「kawabata49」で統一されました。
それぞれの変更後のURLは、

[Youtube]
https://www.youtube.com/c/kawabata49

[Google+]
https://plus.google.com/+kawabata49

で、変更前後の両方使えることが確認でき、リンク切れを防ぐことが確認できました。
どちらをクリックした頂いても、サイトにたどり着くことがわかります。

「なので、カスタムURL変更後も、変更前のURLは引き継がれる」


ということがわかりましたので、メモの為ここ↑↑↑に記載しておきたいと思います。
1519109_404153853083398_89136840209


因みに、「kawabata49」という名前は、Youtubeを始める当初から使ってきました。
何度か、実名への変更依頼が来てたのですが、この名前には意味があったのでずーっと拒んできて、このまま認められたようですw

この「kawabata49」の意味ですが、
「kawabata」は名前そのままですが、海外の方が見ても分かるように、ということで英語表記しています。

「49」は、口蹄疫の時、殺処分される現状をニュースで目の当たりにし、家から牛が全くいなくなった農家さんが、動画で牛が走り回るところを見れたら、少しでも気持ちが安らぐだろうと始めたYoutubeでしたので、投稿する名前にこの番号を付け加えました。
その「49」は、宮崎の殺処分された種雄牛の頭数を表しています。

「あなた達の子や孫が、元気に生きていくところを、一緒に見守ろうね」、ということで付けた名前です。
彼らは、この名前の中に今でも生き続けています。

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ