カテゴリー「牛」の371件の記事

2020年9月21日 (月)

みくの1 の採卵(耕富士)

9月18日は「みくの1」の2度目の採卵でした。

 みくの1 華春福×百合茂×安糸福

 授精種  耕富士

一度目は2年前の4月で真華盛での採卵でした。
ABで13個の凍結、総回収卵数27個とまずまずの成績。

そして昨年、2度目の採卵と予定していたのですが、産後の回復が鈍く発情も安定しない。
獣医に診てもらうと卵巣が扁平してて、あまりというかかなりよろしくなく採卵は断念。
町の協議会で補助金付きで導入しており、2年連続の採卵が条件でしたが状況により
次年度持越しということで今年の採卵となりました。

5月に無事出産し採卵の段取りに入るころには7月、発情も良好ではあるもののプログラムスタートは8月。
連日の猛暑が続き夜間でも気温が下がらない最悪の夏。
牛達にとっては身に危険を感じるほどの環境である中、9月18日採卵予定日へ向けてのプログラムでした。

9月に入り少しだけ気温も落ち着き、食も落とさず元気な様子を見てると問題ない様子でした。
いざ採卵してみると、
A-2
B-3
C-1
D-4
未授精-5
総回収卵数15個と、若干少なかったのかなと。
いやいや、凍結が5個あり猛暑の中でのコレなので十分頑張ったじゃんと。
でも未授精が5個と、何とも複雑な気持ちでした。
今回はそれとは別に、「未排卵」も10程あると聞きました。
プログラムで過排卵処理に十分反応していたまでは良かった。
しかし、やはり今年は気温ですね。
現在発育していた卵胞はその2か月前頃から発育しており、そこへこの暑熱があり発育を阻害しあれやこれや。
子牛も付いており母乳を出しながらのなので、体の中ではそれはそれは大変だったことだと思います。

みくの1お疲れでした。

もし、来年があるとすれば冬ですね。
期待できるのかもしれませんね。

119787501_1769383159893787_5827953926861

コンディションは悪くない。

 

119481115_1769383199893783_2525305692384 119585367_1769383233227113_4565003594949

発情のタイミングが早かった。なので授精のタイミングも早めたけど、未授精はやはり存在した。
未排卵もあったということなので、恐らく後の方で成熟し排卵したものかと。精子がそこまで持たなかったのかな?

2020年9月17日 (木)

菜 と けいと のセリ市でした。

9月15日は「菜」と「けいと」のセリ市でした。

「菜」
血統は、耕富士×丸宮照×美穂国×福桜
体高121、胸囲154、体重303kg、日齢249日で
セリ値737千円で、鳥取県の肥育農家さんにご購買頂きました。
大変な高値でのご購買ありがとうございました。
ある人から、「来月出したらもっとよかったのに!」と言葉をかけて頂いたので、
「来月は忙しくなるので」とその時は即座に答えました。
来月10月は稲刈りが入るし、イタリアンの播種やワラの回収と確かに忙しくはなります。
ですがホントは、若齢で出すことで生産側で仕上げるのではなく、肥育農家さんでの飼養期間を
取ってもらって肥育を好みに仕上げてもらえるようにしています。
体重は軽くなるのでセリ値も上がりきらないので安くで導入が可能となります。
一方、生産側としては高値は期待できませんがそこそこのセリ値で買って頂く代わりに飼養期間が
減るのでコストも下げられます。
新型コロナの影響もあり、肥育現場では大変なことになっていることと思います。
なので少しでも導入時のイニシャルコストを下げてもらえればと思っています。

119422334_1763978770434226_1509988317766 119203115_1763978807100889_4826288007980 119184206_1763978850434218_6110719528976

「けいと」
血統は、愛日向×耕富士×勝忠平×紋次郎
体高117、胸囲151、体重279kg、日齢272日で
セリ値616千円で、鹿児島のMFさんにご購買頂きました。
大変ありがとうございました。
都城にも農場があるようですね。
こちらも若齢でこの出荷ですので体重もそこそこです。
保留しようかとも思いましたが、繁殖・肥育どちらになるかは分かりませんが、
しっかり出荷して相場の安いうちに導入してもらって、2年後の収入の基になれるようにと
出しました。
景気が悪くなると「どうせ安くなるから」と保留に動きがちですが、逆で安くでも市場でお金を動かし
景気を回す方が後々自分に返ってくると思います。
小さく委縮してまとまってみても何も良くならないので、とにかく出荷していくことが大事ですね。

119193700_1763978873767549_4807017344908

119066704_1763978913767545_4852344829873

119158528_1763978960434207_4680392097193

ということで2頭とも無事出荷できました。
両方ともにBLフリーでモネンシンフリーでお届けしました。

 

 

2020年9月12日 (土)

もんど の採卵

自家保留した「もんど」ですが、この程受精卵を採卵しました。

 もんど、安福久×勝平正×福桜

 授精種、富久竜

キッカケは、本町の受精卵協議会に受精卵が無い、ということでした。
無いということは順調に利用されているということでいいのですが、在庫が無いということは
適時適正に供給できないということですので協議会の存在意義がなくなりますよね。

協議会の採卵予定の牛は導入の段階からターゲットを絞って補助金付きで導入し、2年がかりで
2回採卵します。
ですがこれが中々なようで、うまく個数が確保できていないようです。
そこで、協議会では在来牛でも採卵する取り組みを従来行っており、借り腹代を支払って
採卵するようにしてます。
ここ最近はやっていなかったんですがもしやと思い、うちの「もんど」で採卵しませんか?
と問い合わせてみた結果、実現したのが今回の採卵でした。

5月6日に無事初産して以降順調に回復。
正常な発情を確認した次の発情からプログラムに入る段取り。
子も付いていることから正常な発情を少し遅れて7月21日に確認。
そして次の発情が8月10日に確認し状態も良好。
ここから9月1日採卵へのプログラムスタート。

しかし、連日の猛暑。下がらない夜の気温。降らない雨。
9月1日までの間、採卵には不向きな条件でストレスのかかるプログラムで母体には負担を
強いる状態でしたが、食も落ちず、子も体調を崩すことなく最後まで頑張ってくれました。
受精時、エコーで確認してみると、中々の反応で10はいかない位の反応が確認でき期待も膨らみました。
血統上、父が安福久なので採りにくいのではないかとの周りの意見もありましたので、
過剰な期待は押し殺して、とりあえず日常管理に努めるのみでした。

そして採卵。
A-4個
B-3個


未授精
変成卵-1個
計 8個回収 でした。
この内、1個は生移植として早速利用されました。

結果して「もんど」にしてみては初めての採卵だったしどういう反応を示すのか未知数でしたし、
安福久を採卵するって難しそうだなと思っていたので、これだけ回収できただけでも良しとしたいと思います。
町の協議会側としても在庫が確保できたし、何より安福久からの採卵は何年振りからしく、
引き合いが強いように思われるようです。

「もんど」においては猛暑の中よく頑張ってくれたので、ゆっくりしてもらい次の種付けを
目差したいと思います。

因みに、必要な経費は全て協議会でみてもらい、私は借り腹代と受精卵買取代をもらいました。
今回は自分の分の割り当ては無しです。

117597581_1733506183481485_4156947728606

117194966_1733506206814816_6037271466518

118623538_1752781738220596_6249985692285

118653211_1752781764887260_2470664697693

 

2020年8月21日 (金)

俺 のセリ市

8月17日のセリ市に「俺」でした。

血統は、秀菊安×勝忠平×紋次郎×平茂勝
体高121、胸囲146、体重245kg、日齢285日で
セリ値474千円で、地元三股の肥育農家さんにご購買頂きました。
大変ありがとうございました。

繁殖という仕事は、今後の種雄牛の動向、肥育農家さんの購買動機、肉屋さんのニーズ、消費者さんの購買志向、
これらをテーブルに乗せて、今いる母牛の血統や産肉能力や年齢や繁殖能力そして性格もみて、
そしてそして我が家の経済動向と種付する種雄牛の能力と人気具合を市場調査して、次に産ませる子牛を決める。
方程式にすると、変数が多すぎて常に頭を悩ます事態に。
それでもどこかに重点を置いて決断し、授精師さんに種付してもらう。

そして出産の日、無事に産まれてきてくれることに母牛と子牛に感謝し、肝心のアレを確認すると、

方程式がここで全て崩れ去ることがよくある。

1/2の確率とは恐ろしいものである。

また、次、がんばろうと思う。

ということで、この子はこの子なりの成長ができたのかなと思う。
無理をせず血統なりの増体をして、よく食べ病気もせずここまで来ました。
肥育農家さんの所で頑張ってほしいと思います。

そして、BLフリー、モネンシンフリーでお届けできました。

117716682_1737389979759772_3336533280560

 

117342672_1737390003093103_4573627998265

 

117663660_1737390036426433_7254031293670

 

118160598_1742102672621836_8483852180347

それと、メインのトラクターを新調してから早一年半。
土を耕うんするロータリーの爪は消耗品ですが、耕うんすればするほど擦り減り折れて役に立たなくなります。
当地域の田んぼは石の混入も多く、爪が欠けたりすることで擦り減りにはスピード感があります。
なので、この程全て取替えしまして真っ新なスカイブルーな爪になり、それを見ていたらこれを何かに利用
できないかなと思い立ち、絵を描いてみました。

ひまわり と 雲

絵心があるわけでもなく、キャンバスが爪っていう前代未聞だし、使うペンキも垂れたりかすれたりと
思うような画にはなりませんでした。
けと、ぱっと見には面白いし、意外性がありますし、見てると気分が上がりますね。
ネイルアートってこんな感じなのかな?爪つながりなんで。

でも、耕うんしてしまうとすぐに消えてしまうんですけどね。

118154079_1740094152822688_5915627545956 118015725_1740094186156018_3981939138863 118169214_1740094216156015_7647819080842

117596014_1740094239489346_9158476303863 118149921_1740094266156010_3385236181501

2020年7月17日 (金)

つぐみ と 皇 のセリ市

7月15日は7月度のセリ市に「つぐみ」と「皇」でした。

「つぐみ」

血統は、美喜久×福桜×安福165の9×紋次郎
体高113、胸囲152、体重270kg、日齢291日で
セリ値504千円で、都城の地元肥育農家さんにご購買頂きました。
大変ありがとうございました。
体高、体重共に若干物足りなさはあったんですが、これ以上食べさせるとパンパンになるな
と思っていたのでここで納まっています。
これでも少し肥え気味の感は否めないかも。
まあ、その分病気一つしない子でしたし、寄ってくる子だったので内面的にはイイ子でした。

109035693_1705415059623931_1092472987741 107321978_1705415096290594_2689141984887 108023973_1705415139623923_2700810292614

「皇」

血統は、美津照菊×白清照×茂勝×安福165の9×紋次郎
体高112、胸囲115、体重231kg、日齢289日で
セリ値443千円で、こちらも三股の地元肥育農家さんにご購買頂きました。
大変ありがとうございました。
皇は物足りない去勢になってしまいました。
ついついフル但馬に近付けたい思いが先立ち、産まれたのがこの子でした。
母は白清照で、国牽白清×大将×安平×福茂と、血統をみれば、安美土井、茂重波、紋次郎、菊安、安平、美福10、第20平茂と
かなりウイングの広い血を持っていて、何を付けても面白いなと思っています。
それに付けた美津照菊は、美津照重×秀菊安×日向国なので、フル但馬を攻めたいと思ったしだいです。
で、今年の9月検定予定。
黒毛とはいいがたい毛色で皮膚の薄ーい子なので、肥育次第でどうなるか楽しみです。
たまにはこんな子もいると、繁殖は楽しいですね。

106912906_1705415189623918_3682491853381 107701674_1705415222957248_8596797263452 107957463_1705415266290577_1803676730604

コロナでセリ会場にも入れず、お礼も言いに行けない状況ですが、厳しい現状の中ご購買ありがたいです。
2年後のお力になれることをお祈りいたします。

今回も、BLフリー、モネンシンフリーでお届けしました。

 

2020年6月20日 (土)

誇 と 宵 のセリ市でした。

6月16日は 「誇」と「宵」のセリ市でした。

「誇」

血統は、耕富士×茂勝×安福165の9×紋次郎
体高122、胸囲156、体重306kg、日齢280日で
セリ値671千円と、高値でご購買頂きました。
大変ありがとうございました。
熊本の肥育農家さんへとお世話になることになりました。

この子は大きくなりましたね。我が家で300kgを超えてくるのはあまりいませんので、
よく食べてたんだと思います。
それと、血統的にも茂勝を挟んでいますので、雑種強勢というやつでしょうか、
種としての強さが出ているのかもしれないですね。

それと、この子は「右足の内腿にあまじしの取った跡が残っている」とアナウンスしました。
内腿にぶらんぶらんとこぶし大のあまじしが出来ていて、4月に根元をゴムできつく縛って取りました。
あまじしその物は数日でただれて取れたのですが、500円玉より大きな傷口が出来たので、
それが塞がりきれませんでした。
乾燥していて皮膚が塞がるだけでしたが、内腿のためセリ前の観察では見切れないと思いましたので報告しました。
ですが、このセリ値ですので影響はなかったものと思います。

82618250_1680751132090324_70113520236204

104099818_1680751162090321_4353125590885

104497137_1686428124855958_7036535984586

 

「宵」

血統は、第5安栄×福桜王×日向国×安平
体高120、胸囲156、体重289kg、日齢282日で
セリ値552千円と、高値でご購買頂きました。
大変ありがとうございました。
地元都城の肥育農家さんへとお世話になることになりました。
以前もお世話になっているM山さんです。よろしくお願いいたします。

第5安栄は(忠富士×福之国×安平×第20平茂 )の血統で、都城の全共の指定交配に該当しているようで、
元々忠富士後継ということで期待して着けてはいましたが、あまり認知度はなさそうですね。
宮崎は現在イイ種牛が揃っているので贅沢なんですよね(笑)

102584948_1680751198756984_9146340527134

103493770_1680751222090315_3372533388755

今回も、2頭ともにBLフリーのモネンシンフリーでお届けしました。
都城もBL対策を早く実行に移してほしいですね。

83159033_1680751258756978_34919521022493

今月は、都城市と普及センターによる「優良農家から見えてくる受胎率向上のヒント」と題した冊子が
自由に取れるように提供されていた。
15戸もの事例が紹介されてて、内容はともかく他の農場の様子が知れて、自農場の優れているところ、
まだまだなところとか気付かせてもらえるようにしてくれることはイイことですね。
アナログ感満載ですが今までなかったことですので、いいアプローチだなと手に取ってみました。

104493321_1686433418188762_6876862789704

104750253_1686433441522093_7333851450005

104494654_1686433474855423_2073760909266

104415367_1686433511522086_7423027950720

 

2020年5月18日 (月)

ちとせ のセリ市でした。

ちとせ のセリ市でした。

血統は、奥友博×美穂国×福桜王×日向国
体高120、胸囲153、日齢264日、 体重285kgで
セリ値585千円と、平均以上の高値でご購買頂きました。
大変ありがとうございました。
三重県の肥育農家さんへとお世話になることになりました。
松坂牛として育て上げJGAPにも取り組むという意欲的な農場のようで、少しでも貢献出来たらうれしいです。

ちとせ は体毛こそまっ茶ですが増体も体格もいいので繁殖にとも思いましたが、
結果して血統的にマイナーになってしまい私としては断念しました。
それと、若干ではありますが繋がれてるのがイヤで、蹴ったり暴れたりはしないのですが、
グズグズして落ち着かないので、どうかな?と思えるところではありました。
ただ、性格的には人馴れしててかまってほしいタイプなので、繁殖としては扱い次第ですね。
セリ前に繁殖用にと知り合いが見に来てましたが、こういった理由も伝え、あまり薦めないよと、
正直に答える正直すぎる迷える繁殖農家でした。

この厳しい将来が見通せない状況の中で、価格が維持されご購買して頂けることは大変ありがたいことです。
なので、相対的に子牛の価値も上がっている状況なので、価格に負けないようなしっかりした子牛を、
今後も生産していきたいと思います。

因みに、今回もBLフリーでモネンシンフリーでした。
牛のタグにもBLフリーを明記してましたが、前回のようなことはありませんでした。

97096462_1654485668050204_31597587261481
奇跡の1枚、何十枚と撮り続けてなんとかこれ。

98266124_1654485711383533_73178957514413

97329754_1654485758050195_22828718963220

97663102_1656146324550805_51364911775869

97746960_1654485814716856_53275120084451

2020年4月17日 (金)

日 のセリ市。

日 のセリ市でした。

血統は、百合茂×安福久×忠富士×北国7の8
体高120、胸囲152、体重286kg、日齢277日で
セリ値696千円と、かなりの高値でご購買頂きました。
大変ありがとうございました。
佐賀県の有名な肥育農家さんへとお世話になることになりました。

日は我が家では珍しく受精卵産子で、見るからにメス狙い。
でも、現実は厳しいですね。
思い通りにはいかないのが繁殖業です。
それでもこのご時世、ガンバッてくれました。
購買して頂いた方ともセリ前に話をしていたんですが、何度も見に来られ
「なかなか味のある牛だな」と言ってもらえまして、きっと褒めてもらえたんだと
解釈してたんですが、セリ落としてもらえたということで納得しました。
そんなに特徴のある牛ではなかったので、心配はしていましたが、
ありがたい結果でした。

今回のセリから若干BL対応色を出してみました。
もともと都城セリ市ではBL対策はまだまだ検討の段階ですので、いくら清浄化をしても
セリには何のメリットもありません。
ここのブログやフェイスブック等のSNSで表現するぐらいで、現場の購買者さんへの
アピールは出来ていませんでした。
でも、清浄化も3年目の確認もでき、一歩進めてみようと改善してみました。
一つ目はセリタグへの「BLフリー」明記。
各牛毎にタグをつけて、血統や飼料内容などを明記するんですが、BLフリーを
明記してみました。
二つ目は飼料給与報告書への「BL陰性牛」の記入。
これは購買者さんがJAから手渡される資料の一部で、購買後に見てもらうものです。
こちらは他の清浄化農家さんが、「証明書に書いてるよ」と言っていたので参考にしました。
ですが、やはりセリに影響するのは、セリ前に見るセリタグですね。
ここでBLフリーをアピールできれば、と思い明記していました。
何人かは目にしたことでしょう。
ですが、牛を離れた後に帰ってきてみると、タグは外れて落ちてました。
うーん、自然になのか、故意なのか、ちょっもモヤモヤする景色でしたね。

ということで、購買者さんも厳しい現状でのセリでしたが、2年後の収入の為の素牛導入
ですので、難しいセリとなっていました。
2年後にしっかりとお金になることを願っております。

ということで、今回もBLフリーでモネンシンフリーでお届けしました。

92702702_1625735237591914_87762921062819

92818485_1625735280925243_18244407752078

93516876_1625735330925238_89766681404149

92483379_1625735360925235_33276396003603

92840322_1625735430925228_65305733048628
セリタグへの「BLフリー」の明記。ここが最も見られるところです。

93234288_1625735394258565_25282631433820
飼料給与報告書に生産者からのメッセージ欄があり、「BL陰性牛」と明記。

2020年3月19日 (木)

論 のセリ市でした。

3月17日は論のセリ市でした。

血統は、二刀流×忠富士×安平×糸秀
体高121、胸囲153、体重293kg、日齢275日で
セリ値659千円と、高値でご購買頂きました。
大変ありがとうございました。
地元都城の肥育農家さんへとお世話になることになりました。

二刀流は美津照重×安福久×勝忠平の血統で、来年7月の結果ですのでフライングもいいとこですね。

二刀流といえば佐土原の永野正純さんの生産された種牛。
安平、福桜を生産され、その子孫も繋養されていたにもかかわらず、あの口蹄疫で全頭殺処分。
そこからの再起で生産されたのが二刀流です。
なので、いい結果になることを期待しています。

因みに、美津照重からは、奥友博、美津照菊、美津秋、そして二刀流の4頭がラインナップしています。
この中では奥友と照菊は育ててみましたが、やはり有力なのは今回の二刀流かな~と。
まあ分かりませんので、来年の結果を待ちましょう。

ということで、今回の子牛もBLフリーのモネンシンフリーでお届けしました。
来月もよろしくお願いいたします。

追伸、今月はセリのLiveを見られる方が多くて、かなり止まっていましたね。
サーバー強化をお願いしたいところですね。

90304289_1599042433594528_85585518500836 89739832_1599042473594524_42616624058948 90063381_1599042506927854_50306246919166 89942412_1599042566927848_32236634457610 89926291_1599042593594512_71208268292413

2020年2月17日 (月)

すずえ の妊娠牛セリ市でした。

「すずえ」の妊娠牛セリ市でした。

我が家で9産し、10産目を受胎しての卒業となりました。

今回妊娠牛として、都城の農家さんに引き継ぎました。

購買して頂きました農家さん、ありがとうございました。
よろしくお願いいたします。

セリ結果
「すずえ」号
血統、忠富士×安平×糸秀×隆美
体重、672kg
平成20年8月16日産まれ、11才6ヶ月
産歴、9産
受胎、R1年8月30日付の秀百合久
セリ値、507千円 でした。

我が家に来たのはH21年の5月、272日齢の301kgの増体で
セリ値454千円という、今では考えられない金額での入場でした。
忠富士の特徴はその増体力で、お産注意報が出るほどで、母子ともに亡くなること
もよくあったようです。
それでも忠富士には人気があり授精が集中するため、都城では種付けを規制するチケット制
が導入されました。
我が家にもチケットがきましたが、母牛に影響があっては困ると思い、使いませんでした。
今となっては勿体なかったなぁと思いますね。

その後H22年に口蹄疫が発生し、これを逃れるために避難したのが6頭で、西都市の尾八重
で仮設の牛舎に逃げ込んだのでした。
ですが、ご存知の通りで避難した忠富士だけ発症を確認したため、その避難場所で殺処分され
埋却されました。
その後残りの5頭は発症せず生き残り、清浄化後元の事業団と高原町の畜産試験場とに分散管理
されました。
その時の5頭が福之国、勝平正、秀菊安、美穂国、安重守でしたね。
宮崎の種雄牛のその後のベースになった牛達です。
忠富士の埋却地は今でも同じところにあるかと思います。
  忠富士のお墓
  GoogleMapで、忠富士の墓 と検索すると出てきます。

そんな忠富士ですが、後継牛を多く残し、主だったものだけでも耕富士、忠国桜、忠高盛、第5安栄
富久竜、常忠幸など等。2代祖まで入れるとズラズラと。
短命だったけど、いい仕事してくれました。

我が家のすずえは長命で安定した繁殖力でしっかり仕事してくれました。
平均分娩間隔は407日となってますが、ほぼほぼ年1産です。
繁殖農家としてはこういうしっかりした牛に巡り合いたいですね。
産肉能力にばかり評価が偏りますが、和牛の良さは繁殖能力です。
それを受け継いだすずえには感謝ですね。

86704522_1575117199320385_69007724017142

86730433_1575117239320381_23836922120314

86731128_1575117279320377_45181232353755

86766518_1575117322653706_53983522025929

86665829_1575117399320365_79276416498852

 

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

GoogleAdsence

  • GoogleAdsence
無料ブログはココログ